景品表示法 「合理的根拠資料」について - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景品表示法 「合理的根拠資料」について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

消費者に対して、サービスや商品を提供する企業は、
すべて「景品表示法」の法規制を受けます。

商品やサービスの優位性を示すために、
何かしらの機能や数値を出す場合、景品表示法の観点より、
『合理的根拠資料』を準備しておく必要があります。


平成15年の景品表示法改正 以来。
この『合理的根拠資料』は、販売者側が責任を持って準備する
ことになっています。
(改正以前は、当時の「公正取引委員会」=現在は、消費者庁
に移管 が合理的根拠資料の検証をしていました)


では、この『合理的根拠資料』とは何かを解説していきます。

【合理的根拠資料】とは
●専門家等の文献
●社内ないしは社外(第三者機関)での試験データ
●試験条件を再現できるもの
●統計学的に平均値を取っていること


合わせて、注意点として

○最大値の使用は禁止
○N=数(被験者数)
⇒これまでの処分事例をみていくと、1~5以下は、統計学的に
みて平均値とはみられていない。
景品表示法上、「N=数」をいくつ以上にしなさいという明記は
ありませんので、信憑性を高めるためにも、可能な限り母数を多く
する必要があります。
○試験条件が明らかに、優位性を持たせるような結果に繋がる場合、
それは違反となります


合理的根拠資料を必要とするポイントは、
顧客の購買行動に対して、
◆消費決定を促すような表現
◆優位性を見せるような表現

これらは、
すべて『合理的根拠資料』を社内に持っておく必要があります。


広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

薬事法・健康増進法・景品表示法 基礎知識 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2011/06/20 11:00)

統計学と景品表示法 合理的根拠資料 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2013/07/18 12:10)

景品表示法 重要摘発事例 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2013/04/23 12:58)

行政側が発行した資料の使用について 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2012/08/21 11:56)

景品表示法 二重価格表示Q&A 景品表示について 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2012/07/31 15:12)