1ドル=50円の経営・運用戦略を - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1ドル=50円の経営・運用戦略を

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプランニング

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■1ドル=50円の経営・運用戦略を■
~2011年10月30日、日経ヴェリタスp51より~

■■■トピック要約

藤田勉氏(シティグループ副会長)は、講演会で
「10年後は今より円安になるでしょうか。
それとも円高になるでしょうか」
と尋ね、挙手してもらう。

すると、8~9割の聴衆が円安の方に挙手する。
円安予想の理由として、
低成長、財政危機、人口減少など
日本の構造問題を指摘する人が多い。

しかし「失われた20年」と言われるが、
円ドル相場は1990年の161円から
今年の75円まで2倍以上の円高になっている。
過去10年間では
世界主要通貨に対して円高になっている。

つまり、その国の経済成長力が通貨の上昇
というわけではない。
なぜ、円はこれほどまでに上昇するのか。
様々な理由がある。

1.米国との金利差縮小
1998年、1ドル=147円の時、
長期金利米国5.2%、日本1.1%。
現在は、米国1.9%、日本1.0%
と金利差大幅縮小

2.世界2位日本の経常黒字
91~00年の経常黒字合計122兆円。
01~10年の経常黒字合計169兆円。

3.日本の対外純資産世界1位
2000年末133兆円。
2010年末251兆円。
世界5位のスイスフランが大きく上昇したように、
世界的にリスクが高い時は
対外純資産保有国にリスクマネーが逃避する。

以上を総合すると
長期円高の構造要因に大きな変化は見られない。
国際金融危機が長期化し、
かつ投資対象の通貨が多様になっているため、
グローバルな通貨戦略(投資戦略)の重要性は
増す一方である。

■■■

異見達見(異なった見解、優れた見識)
というコーナー、藤田勉氏の記事です。

著名投資家のジム・ロジャーズも
今週のヴェリタスでこう言っています。

「時期を予測することはできませんが、
円高はしばらく続くでしょう。
私自身、円を長期保有しています。
世界最大の債務国である米国とは違い、
日本は貿易黒字国で、対外純資産が最大、
外貨準備高は第二位の規模を持つからです」と。

日本人は今後円安になると思っていますが、
世界の人々はまだ円高が続く
と思っているということです。

これは、とても重要なことです。
日本人の常識は世界の非常識ということです。

しかし、私も長期的には円安の可能性が高い
と思っています。理由は:

○上記1について
日本と米国でどちらが先に金利を上げるかというと
私は米国だと思っているから。

○上記2について
今後は経常黒字が縮小すると予想しているから。
現に2011年は、貿易収支(輸入-輸出)が
赤字の可能性がある。

○上記3について
今後も世界経済が下降傾向だと上記3の事実のため、
リスク回避による円高が続くが、
世界経済が良い方向に向かえば円安になる。
ここが問題。

私の結論は
世界経済が上向けば円安。
世界経済がまた底に向かうようだとしばらく円高です。

言い換えれば、
米国の雇用と住宅販売と株価が上がることが
円安の条件だと考えています。

長期的にみれば
今の欧州や米国のズッコケは解消され
円安の可能性のほうが高いと信じているので
私は円安派です。

しかし過去10年間円高になったことは事実です。
自分の判断ミスは認め、
失敗は成功の元にしましょう。

FP知恵の木では、少子高齢化時代の資産形成について、
毎週無料メールマガジンを配信しています。
よろしかったら、この機会にぜひご登録ください!
http://www.chienoki.com/seminar06.php

このコラムに類似したコラム

時間の使い方 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/08 09:05)

時は金なり2 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/07/04 08:31)

投資戦略とは 巻口 成憲 - 不動産投資アドバイザー(2010/11/30 16:56)

投資か、消費か!? 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2010/11/16 16:26)

【投資の疑問Q&A100】 Q8 これから物価はどうなりますか? 青柳 仁子 - ファイナンシャルプランナー(2010/07/20 17:24)