着実に前進する受講生が居ます - 英検対策 - 専門家プロファイル

山中 昇
英検1級道場 
千葉県
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

着実に前進する受講生が居ます

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英検対策

学問に王道なし

「地道にコツコツ」 という表現を絵に描いたような男性受講生が居る

2009/10(2009-2)、準1級1次試験にぎりぎりで合格、

2009/12から私とのレッスンを2年近く続けてきた人だ

 

今回、2011-2で79点をとり、あと2点にまで迫った

今回は合格ラインが81に上がったために不合格だったが

以前なら合格だった

 

この人も進歩を続けているが、英検も1歩先に行ってなかなかつかまらない

 

でも、この人がすごいのは、1級合格は自分の総合的な英語力を高める手段の一つにしか過ぎないと考えていることだ

つまり、1級合格が目的ではなく、1級合格は実力判定のための手段であり、通過地点の一つにしか過ぎないのだ

 

下記は、英作文を除いた点数の推移だ

1回だけ下がったが、不屈の精神で努力を継続し、

英作文を含めて2010-3ではあと1点、

2011-1、2011-2もあと1歩と言うところまで迫っている

 

2011-3合格を目指し、弱点補強のプログラムを組んで前進する取り組みを始めたところだ

 

2009-2 37

2009-3 45

2010-1 55

2010-2 50

2010-3 58

2011-1 61

2011-2 62

 

私はレッスンでかなりのボリュームの宿題(読解、リスニング、単語)を出すが、この人は1度も欠かしたことがない

決して手を抜かないのだ

 

失礼だが、人より飛びぬけて頭がいいというタイプではない

でも、他の受講者と同じか、それ以上の点数まで上がってきている事実が興味深い

 

人間の学力などみんなほとんど同じだ

ほんの少しの努力とインスピレーションが合否を分けるのだという証明を見ているようだ

 

英検道場はこの人のようなタイプの人が多く集まっている

私自身もこのタイプだと思っている

 

http://www.eiken1kyu.com

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム