フラット35S 建物技術基準 (10年金利引下げタイプ) その1 - フラット35 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フラット35S 建物技術基準 (10年金利引下げタイプ) その1

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. フラット35


フラット35S (エス) とは優良住宅支援制度のことで、

フラット35をお申込のお客様が より質の高い住宅を取得される場合、

フラット35の金利を一定期間引き下げて (※1) 融資を行う制度です。

※1) 現在の金利引下げ期間は10年間と20年間の2タイプ、金利引き下げ幅は0.3% 。


このフラット35S を利用するためには、フラット35の建物基準を満たす他、

フラット35S の建物基準を満たす必要があります。



フラット35S の建物基準  10年間金利引き下げタイプ 


フラット35S の建物基準は、主に4つのテーマから成り立っています。


1.省エネルギー性に優れた住宅であること。

2.耐震性に優れた住宅であること。

3.バリアフリー性に優れた住宅であること。

4.耐久性・可変性に優れた住宅であること。


この4つテーマのうち、いずれか1つの内容をクリアすることによって、

初めてフラット35S を利用することが可能となるのです。



次回は 各テーマの中身について、記載いたします。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

2012年フラット35sエコを夫婦で賢く活用しよう! 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/31 06:00)

マイホーム資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税金額 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/27 18:00)

住宅向け贈与 非課税措置延長 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/07 16:00)

フラット35S エコ は12月1日から実施 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2011/11/25 21:11)

フラット35Sエコ 誕生! 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/02 15:00)