蒲田よしのクリニック11/7開業!自然治癒力を高めるラドン浴とは - 疲れやすさ - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

蒲田よしのクリニック11/7開業!自然治癒力を高めるラドン浴とは

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 疲れやすさ

薬に頼らず「自然治癒力」を活かした治療法&健康法とは何か?11月7日(月)東京・大田区に『蒲田よしのクリニック』(内科)いよいよオープン! 今回は、自然治癒力を向上させるラドン浴の有効性と安全性について解説します。

国民の3人に1人がガンにかかる時代にあって、相変わらず薬と手術に頼り切って、泥沼にはまり込んでいる現代医療。国民の多くが生活習慣病や心の病にさいなまれ、体調不良に悩んでいる今こそ、「自然治癒力」を活かした体と心に優しい医療が求められています。


来たる11月7日(月)、東京大田区・蒲田に「蒲田よしのクリニック」(内科・吉野 真人院長)がいよいよオープン予定です。薬や手術、検査など西洋医療に過度に頼らず、人間本来の自然治癒力を向上させることを通して、病気の治療や予防を推進していくクリニックです。


【ラドン浴について】


1:自然治癒力を上げるラドン浴とは?

日本には古来よりラドン温泉(ラジウム温泉・放射能泉)が各地にあり、病気や健康増進に効能があると伝えられてきました。現代に於いては、秋田県の玉川温泉や鳥取県の三朝温泉などのラドン温泉に、ガンやリウマチなど多くの難病患者が湯治に訪れ、高濃度のラドンガスを吸入することにより、一定の治療効果や健康増進効果が得られています。

海外でもオーストリア・バドガシュタインのラドン温熱坑道浴、米国モンタナ州ボールダーのウラン採掘坑道でのラドン浴などが有名です。バドガシュタインに於いては医師が常駐し、治療に訪れた患者に対して血圧測定や血液検査などのメディカル・チェックを行ない、安全を確保した上でラドン療法を行なっています。

ラドン浴などの放射能泉に於いては、ウラン(238)が壊変して生成されたラジウム(226)がさらに壊変し、ラドン(222)という気体に変化します。ラドンは3.8日という比較的短い半減期の間に様々な変化を我々の体に及ぼします。我々がラドンガスを吸入すると肺から血液中に溶け込み、血流に乗って全身の細胞に行き渡ります。そこで主としてα(アルファ)線を放出し、各々の細胞や組織に電離作用をもたらし、様々な健康上の効能をもたらすのです。


2:ラドンの有効性

ラドンの放出するα線はわずか0.1ミリしか飛びませんが、たいへん強い刺激を細胞に与えます。α線が細胞に届くと細胞内の水がイオン化し活性酸素が一時的に生成されます。その直後、活性酸素を除去する酵素(SODやカタラーゼなど)の生成が誘導され、活性酸素を速やかに除去します。ラドンの活性酸素を除去する力は、どんな薬物も及びません。

ラドンガスは活性酸素を除去することによって、様々な効能を人体にもたらします。まず痛みに対する効能が優れており、各種疾患による頑固な痛みに著効を示します。また免疫力を正常化させることで、各種感染症やガン、アレルギー疾患などへの効果が期待できます。さらに動脈硬化が抑制されることから、加齢に伴う病気に対しても有効です。

そのようなラドンの有効性から、国内に於いても各地で臨床応用がなされつつあります。三朝温泉にある岡山大学三朝医療センターでは放射能泉による各種難病への臨床研究を行なっているほか、国内数か所のクリニックでは外来患者に対してラドン療法を積極的に行なっています。


3:ラドンの安全性

ラドンは放射性物質の一つであり、その安全性の確保には充分な注意が必要ですが、当院で用いるラドンはきわめて安全性の高いものです。国内はもとより海外の正当なラドン浴施設に於いて、これまでラドン浴によるとみられる健康被害や副作用の類は、全く報告されておりません。

放射線は多量を短時間に浴びると危険かつ有害ですが、年間で50~500mSv(ミリシーベルト)程度の放射線を浴びても全く害がないどころか、むしろ様々な健康上の有効性があることがあきらかになりました。これを「低放射線ホルミシス効果」と呼んでいます。

当院で用いるラドンガスはα線主体ですので、遠くまで飛ぶγ(ガンマ)線は少なく繰り返し浴びても年間数mSvにしかなりません。これはCTスキャン1回分程度の外部被曝量に留まります。それに対してα線をたっぷりと浴びることになりますが、この内部被曝には上限値が設定されておらず、きわめて安全性の高い治療方法ということができます。


4:ラドンの効能

既に治療実績があるもの

○ 慢性関節リウマチ
○ 脊椎炎および腰痛
○ 関節炎
○ 気管支ぜんそく
○ アトピー性皮膚炎
○ アレルギー性皮膚炎  その他

効果が予測されているもの

○ ガン(再発防止含む)
○ 糖尿病
○ 各種肝炎
○ アルツハイマー病
○ パーキンソン病
○ 筋萎縮症
○ 老人性痴呆の進行防止  その他

(ラドン浴への適切な入り方に関しては、後日詳しくお伝えします)


■診療案内

○ 保険診療

一般内科の保険診療として、血液検査と漢方薬を中心とした薬物療法を行ないます。

○ 自由診療

ラドン浴・・ラドンルームに約40分間入室し、高濃度のラドンガスを吸入します。
サプリメント・・有効性と安全性が高く臨床データの揃った良質なサプリメントを紹介します。
カウンセリング・・30分から1時間、現在の状況および今後の治療方針についてじっくりとお話ができます。

(なお診療の詳細および料金等に関しては、また追ってご案内いたします)

○ 診療時間

診療日 : 月・火・木・金・土曜日
午前 10時~14時 (最終受付13時まで)
午後 15時~19時 (最終受付18時まで)

○ 休診日

水曜・日曜・祝祭日


■内覧会のご案内

 [日 時]: 2011年11月2・3・4日(水・木・金) 11時00分-17時00分
時間内はご自由にお越しください。男女別のラドンルーム内部もご覧いただけます。


■クリニックの所在地

蒲田よしのクリニック    〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1階
TEL 03-6424-7071   FAX 03-6424-7072

JR蒲田駅から大通りを東へ200メートルほど進み、右側にジョナサンのある交差点を右斜めに進みます。アーケード街を50メートル余り進むと右側にモスバーガーがあり、その斜め向かいにある蒲田TKビル1階がクリニックです。JR蒲田駅からバス1区間(4~5分程度)で「蒲田5丁目」停留所の目前です。
京急蒲田駅からはアーケード街を西へ200メートルほど進み、メガネドラッグのある五差路の交差点を右斜めに進みます。間もなく左側にモスバーガーがあり、その斜め向かいにある蒲田TKビル1階がクリニックです。


【院長の紹介】

▼吉野 真人 : 内科医・産業医・ビジネスコーチ 
薬や病院に頼らず、「自然治癒力」の向上に力点を置いた心身の治療や、健康増進のためのカウンセリングおよび産業医活動を幅広く展開。患者様や企業現場の状況に沿って柔軟に対応するスタンスをとっています。


【本件に関するお問い合わせ先】

蒲田よしのクリニック
院長:吉野 真人
〒144-0052  東京都大田区蒲田5-27-10蒲田TKビル1階
TEL 03-6424-7071   FAX 03-6424-7072
HP  http://www.kamata-yoshino-clinic.com (準備中・11月初めに公開予定)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。