犬の高齢期と住まい<その2> - 住宅イメージ - 専門家プロファイル

岡 信行
アルトマック 代表
兵庫県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

犬の高齢期と住まい<その2>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅イメージ

足腰が弱くなること以外にも高齢期の犬の特徴として、体温調節がしにくい、

小さな段差につまづく、滑って転ぶ、トイレに失敗などが挙げられます。

対策として、

 ◇床は滑りにくく硬くないものを選ぶ。

 ◇段差はできるだけ解消する。

 ◇適度な温度、湿度を保つ。

 ◇床や壁は掃除がしやすくメンテナンスが楽なものを選ぶ。

ことがポイントです。

 

愛犬が高齢期になっても快適に暮らせるように、細かく気を配ってあげましょう。

このコラムに類似したコラム

犬に最適! 無垢パインフローリング 岡 信行 - 建築家(2011/10/19 17:53)

床タイル貼りのトイレ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/11/14 23:40)

床のコンクリート打設 松永 隆文 - 建築家(2016/04/14 15:30)

デッキプレート敷き 松永 隆文 - 建築家(2016/04/05 17:53)

型枠と止水材 松永 隆文 - 建築家(2016/04/04 09:25)