学校先生の給与下がる!?だからFPが必要 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

学校先生の給与下がる!?だからFPが必要

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

久々の6時出社。まだよが明けていないのです。しかも寒い・・・・
公立小中学校教職員の給与を下げる事が検討されています。
学校の先生の給与は同じ公務員である一般行政職より5%ほど高いのです(警察も同様)ついにそこにもメスが入れられるようですね。
身内は教職員が多いですが、お金に関しては敏感な人は少ないです。給与が半分になると皆さん真剣でしょうが、5%となるとまだまだ危機感は少ないです。
5%といってもこの10年で考えると15%位下がっているのですが、じわじわ下がっているので気づいていない人多いですね。
だからこそ教職員にはFPが必要。しかも教職員(公務員)の制度を理解しているFPでないといけません。教職員(公務員)に特化したFPに出会うことが可能です。
今すぐ、「公務員 FP]で検索して下さい。きっと安心で豊かな生活を送ることができるでしょう。  

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。