実録!個別相談レポート:B君・C君の場合(2) - 就職活動サポート - 専門家プロファイル

小宮 伸広
brainchild-CareerConsultancy 代表
東京都
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実録!個別相談レポート:B君・C君の場合(2)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 就職活動サポート
お客様の声 個別面談

個別相談レポートとは?

専門家といきなり会うのはちょっと気が引けちゃって・・・そんなあなたの為に、

「個別相談はどのような雰囲気で行われるか?」

イメージをしていただきやすくする為に、私が行っている個別面談の様子をお伝えするものです。

面談者の了解を得た上で公開させていただいております。

 

エピソード2:アウトプット

就活では自己分析や就活対策のインプットを行うと同時に、

今度はES・履歴書作成や面接でのアウトプット能力が必要になります。

就活においてはどうしても「右へならえ」になってしまいがち。

お二人にアドバイスしたのは「良い」「悪い」のどちらかになりなさい!という事。

一番悪いのは、妥当に乗り切り、結果・・・印象に残らない事。

皆さんそれぞれが良い面・悪い面を持っているのに、

それを出せずに埋もれてしまうのが一番良くありません。

話の最中に「合コン」というキーワードが出てきましたので、

「合コン」と「面接」を照らし合わせて、お話しをさせていただきました。

自己PR・・・という意味では、いずれにしても必要な能力ですからね(笑)

ただ、『面接中に、「アゲぽよ~!」って言っちゃえばいいんだよ!』という発言は、

やりすぎだったかもしれませんけど( ━@Д@)

 

・・・なんて。

これもちゃんと意味があり、極論をあえて言う事で思考の幅を広げる目的がありました。

 

ただ「面接中は少し目立つぐらいの事してもいいんだよ」と言っても、

それが出来ないという心配があるから困っているんです。

これは思考限界境線が「人と同じ事」というラインに引かれているからです。

この思考限界境線を一気に極論で広げる事により、

「ちょっとくらい、人と違う事をする」という事に対する抵抗観念を打破してもらう為です。

 

エピソード3:自己解放

話の中心はマジメなイメージのB君からの「不安」の解消を軸に進んできました。

この時点で就活にマジメに向かい合っているB君と、

それを少し気を楽にさせる為に常に「C君ならこういう事出来るんじゃない?」という例を挙げながら

「だからB君もやっちゃえばいいんだよ」という流れで進めてきました。

しかし、キャリアコンサルタントをしていると非常に興味を惹かれるのは、

実はB君よりもC君なのです。

ややもすると、C君に対するアドバイスはほとんど無い流れに見える面談ですが、

実はすべてにおいて、本来話をしていた内容がマッチしているのはC君なのです。

最終局面において、僕は「C君はお調子者だから大丈夫」という扱いをしてみました。

目の奥を見て・・・確定です。

C君は根っからのお調子者ではないのです。

今回のコンサルティングを通して、実はより助言が必要なのはC君だったのです。

彼は普段の自分のキャラクターやイメージと本当の自分の狭間の中で迷いを持っている子なのです。

一見、今風でお調子者ですが・・・本当は根が非常にマジメでいざと言う時に積極的になりきれない

そんな一面を持っているのだと思います。

そんな指摘をサラッとさせていただいた後には、ちょっと安堵の表情が見て取れました。

この就活を通して彼に得てもらいたいのは、

いつものキャラクターを大切にしつつも、本当の自分も時にはさらけだし、

自然体でいられる環境・時間です。

その為には、すべての自分をまずは自分自身が受け入れ、認めてあげる事です。

きっと、わかってくれていると思います。

 

エピソード4:総括

お二人にとって、就職活動はまだ未知の世界。

どちらかというと、まだ「不安」の対象となる存在でした。

今回の面談においてはその「不安」を少しでも解消する為に

就活ってこういうもの・・・という抽象的ながらもイメージが出来るように

お話をさせてもらいました。

〖Bくんからのコメント〗

ありがとうございました!

すこしやらなきゃいけない事が見えてきました!

〖Cくんからのコメント〗

ありがとうございました!

今日でいくらか就活の負に感じていた事が軽減されたように思います。

はい、Bくんは具体化しているものをどんどん形にしていけるようにがんばりましょう!

Cくんは不安になる必要はありません。まずは自己受容、そして自信を持っていきましょう!

二人ともちゃんと未来を見据え、頑張っていける良い子だと思います。

これからも継続して対応させていただきますので、良い就活をしていきましょうね。

このコラムに類似したコラム

スティーブ・ジョブズから学んでみよう 小宮 伸広 - キャリアカウンセラー(2011/11/01 13:02)

まだ間に合う就職活動 清水 健太郎 - キャリアカウンセラー(2013/06/28 17:52)