心とカラダの密接なつながり Part2 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

心とカラダの密接なつながり Part2

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
ココロとカラダの関係
心とカラダの密接なつながりを知るうえで、とても有名な話があります。

1951年、アメリカで実際にあったガンの自然退縮の話です。

絶望的に進行したリンパ肉腫に侵されて死を待つばかりとなっていた患者ライト氏がいました。
状態は悪く、酸素吸入器が使われ、オレンジくらいの大きさの腫瘍が、首、脇、そけい部、胸、腹にでき、一日おきに、1〜2ℓの液体を抜かないといけない状態でした。
医師はもう術がなく鎮痛剤を与えるしかありませんでした。

ちょうどその頃、ガンの新薬「クレビオゼン」が開発され、1951年3月27日の「ニューヨーク・タイムズ」に紹介されたのです。

幸運なことに、ライト氏の入院していた病院は、「クレビオゼン」の臨床試験を行なう病院の一つで12人分の薬が割り当てられていました。
この治験には、余命が3〜6か月とあり、あと二週間くらいの余命と考えられていたライト氏には適応外でした。

しかし、ライト氏の熱心さに医師は負け、一回だけ「クレビオチン」を注射しました。
医師は数日後、きっとライト氏は死んでしまっているだろうと思っていました。

ところが何と、完全に寝たきりだったライト氏は数日後には病棟を歩き回り、看護婦らと楽しげに話していたのです。

他の注射を受けた患者は全く変化がないか、悪化していたのに関わらず。

医師は、ライト氏を喜ばせるために、注射を週三回おこないました。すると、10日の内に全ての症状は消え、趣味の自動車を乗り回すようになって退院しました。

不思議な現象でした。しかし、この話には続きがあります。

Part3へつづく

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ココロとカラダの関係」のコラム