夫婦のコミュニケーション その3 歩み寄るために - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦のコミュニケーション その3 歩み寄るために

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりを成功させる知恵 夫婦のコミュニケーション

夫婦のコミュニケーション その3 歩み寄るために



今回は夫婦のコミュニケーションが歩み寄るための1歩をお話します。

前回までのコラムで、まず男性と女性がしゃべっている言葉は異星人くらい違っていたことを理解していただけましたか?

そして、多くのコミュニケーションが「お互い何を言っているのかが分からない!」ということに終始していてエネルギーを消耗していることを認識してください。

本来コミュニケーションは、お互いのエネルギーが高まるようにフィードバックしあうのが基本ですが、実際問題なかなか出来ないのが現実です。

では、どうすればいいのでしょうか?

はじめの一歩は
 「男性は、愛情表現として論理的に物事を解決しようとしている。女性の感情を無視しているわけではない」と女性が理解できるかどうか。

そして
 「女性は、まず自分の感じていることを知ってもらって、共感してもらいたいだけ。だからいきなり論理的に解決しようとはせずに女性の感じていることを感じる努力をしてみる」と男性が出来るかどうか?
です。

普段は「どうしていつもそんなに感情的なんだ!」「どうしてあなたは私のことを分かってくれないの?」と言い合いしていたかも知れませんが、上記のように捉える事で、少しは歩み寄る事が出来るでしょう。

まずはトライしてみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくりを成功させる知恵」のコラム