女性のお客さまはこう動かす 4 - オフィス・店舗探し - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女性のお客さまはこう動かす 4

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. オフィス・店舗探し

先日、セミナー終了後に質問された方からです。

「美容室、エステを経営しているのですが、来年店舗を増やそうと計画をしてまして、その場所が人口2、3万人の所なのです。今の会社のロゴは黒にしていいですか?」

明らかに、女性のお客さまがターゲットになっている美容室です。お化粧品も販売されているようでした。そう、いくら私が人口2、3万人のエリアからの依頼があるといっても、私からすれば人口減少の始まっているところよりもそれなりの交通量があるところのほうがいいと思います。

例え、人口2、3万人の都市といえども、すでに既存の美容室があるはずです。昔ながらのおつきあいで利用されている方もいるでしょう。美容室は「ニーズ」のある必要性のあるビジネスですからね。

そういうエリアで出店されるなら、なるべくスーパーの近く、同じスーパーの敷地内でもいいですよ。その町の中心的な存在の商業施設があると思います。そこを狙ったほうがいいでしょう。

ポツンと離れ小島は、なかなかお店に入ってくれません。気になるお店だけど、勇気がいるし・・・。しかも、黒のロゴに高いお店か?とも思われがちになります。

むしろ、スーパーの近くですと、買い物のついでに。そんな主婦層を取り込むことができるでしょう。オープン時のチラシ配りも楽ですし。何かちょっとしたイベントをする時も周知するのがラク。

「集客」というと、みなさんは何か特別なことをして、仕掛けてお客さまを呼ぶ、と思われがちですが、いえいえどちらかというと、自然にラクをしてお客さまを呼ぶことから考えていくほうが大事です。

まだまだ考える点はありますが、これもその1つ。ご参考ください。

このコラムに類似したコラム

今の時代、女性の発言力は業績に直結 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/14 20:25)

コンパクトシティー出現を起業に生かすには 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/09 20:29)

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)

自然災害に弱い場所での出店 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/27 20:34)

男女差の広い日本はビジネスチャンスが多い 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/26 20:53)