審査に落ちた理由 - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

久保田 正広
株式会社 FPバンク 代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私は東京都に住む会社員のHと申します。

5年前にローンを組んだ時は難なく組めました。しかも、住宅業者さんがほとんど手続きしてくれたので、訳もわからず大量の書類にサインしたことしか覚えてません。

私がその住宅ローンを借り換えしようと思ったのは、ある雑誌の記事がきっかけでした。金利が下がっているので借り換えのチャンスだということです。

早速資料を集めて検討したところ、かなりメリットが出そうだという事が次第に見えてきました。ところが、ふたを開けてみるとなんと審査に落ちてしまったのです。

「え、なんで?」とびっくりしたのですが、銀行は落ちた理由を一切教えてくれま

せんでした。年収もそこそこあるし、全く理由がわからないといった感じです。

納得がいかないと思い、銀行の担当者に食い下がった所、ようやくこっそりと教えてくれました。
「Hさん、昨年1度返済が遅れていますね。」

「え!」何かとても硬いものでガツンと殴られたような感じでした。よくよく通帳をみてみると、昨年1度たまたま残高不足で返済の引き落としがわずか3日だけ遅れたことがわかりました。たった1度、しかもそんな些細な事で審査があっさり落ちるんですか?と銀行担当者に問い返したのですが、こと既に遅し、あとの祭りでした。

返済が遅れることを延滞と言いますが、銀行はこの延滞が3カ月続くと債権回収に動きます。Hさんの場合、わずか3日だけなので、銀行から催促を受ける間もなく返済になっています。しかし、延滞の事実はたった1日でも個人信用情報機関に登録されてしまいますので、当面消すことはできません。この事実だけはどうしても残ってしまいます。よく給与振込口座とローンの返済用口座が違う場合に起こりがちなので注意が必要です。従って、住宅ローンの返済口座は必ず給与口座と同じにして、かつ給与振込の日の直後に返済日がくるようにするのがベターです。

さて、今回はうっかり忘れたことが、大ごとになってしまった例についてお伝えして参りました。本当に返済するのが困難な場合はともかく、このようなケアレスミスでも審査に重大な影響を及ぼす事例です。

 

緊急告知!

「住宅ローン借り換え成功物語」
http://fpbank.co.jp/lp/lp1.html

「住宅ローン借り換えのノウハウが7本の動画に」
http://fpbank.co.jp/lp2/lp2

「毎月開催!住宅ローン借り換えセミナー」
http://www.fpbank.co.jp/housingloan/seminar

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

住宅ローン固定型希望が急増中 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/07 11:36)

住宅ローン、借り換える際の3つのポイント 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/28 06:00)

新サービスを開始します。 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/20 10:04)

小口のローン返済資金〈ねん出法〉 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/05 12:00)

住宅ローン:意外な「くせ者」 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/27 09:00)