子供部屋の現状とその影響力 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供部屋の現状とその影響力

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
おすすめ情報
10月8日に金沢の「いしかわ住まい博」の講師に行ってきました。

約1時間の時間で「子供の才能を向上させる本当の住まいづくりとは?」というテーマで話をしました。

内容的には、
 ●今の日本の子供部屋の現状とその影響力
 ●子供の才能を向上させる家の役割とは?
など。

特に今の日本の子供部屋が1960年当時輸入した欧米にはそれに相当する部屋が無かった事や、一人部屋で育った子が、社会に出た時に適応しにくい理由など、このオールアバオウトのコラムでもお伝えしてきたことを主に話をしました。

総勢20名くらいの方が話を聞いていましたが、どの方も、今回聞く話が初めての様で、ビックリされる方や苦しい顔をされる方などいろんな反応がありました。

逆に、これまでも情報発信してきた立場からいうとまだまだ情報発信不足だなぁと痛感した次第です。子供さんがいるご家庭の方でこれから住まいのことを考えようと思っている人が回りにいましたら、よかったらこのALL ABOUTの情報を分かち合ってみてください。

そういう輪が広がれば広がる程、住まいがシアワセの種になってくると感じています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「おすすめ情報」のコラム