変動金利の仕組み - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

浅見 浩
株式会社グライブ ファイナンシャルプランナー
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変動金利の仕組み

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
セミナー マネーセミナー

住宅ローンの変動金利の仕組みについて話しをしましょう。

現在 住宅ローンで7割の人が選んでいるのが「変動金利型」


読んで字のごとく、適用金利が変動していきます。


ただ、変動金利型を選んでも5年間の支払い額は変わりません。


さらに、以外と知られていないのが次の6年目で金利が1%上昇したとしても

1.25倍以上の支払い額になることはありません!


実際に 住宅ローンを組む時には銀行で審査がありますね。


その際の審査金利は3~4%で計算されます。


そこで 年収比率の35%以内に入っていれば貸してもらえます。

(年収、会社の評価により異なる場合あり)


また、注意点は保険に加入できる身体でないと借り入れはできません>_<


それは 金利の中に団体信用生命保険が掛けられているから。


だから 支払い途中で死亡してもローンはチャラになります。


まさに 家族に対して不動産という資産を残すことができるのです。


自分の最適な住宅ローンを見つけてみましょう!



最後までお読みいただきましてありがとうございます。

このコラムに類似したコラム

震災の2重ローン問題への対策 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/05/30 08:00)

病気でも借りられる住宅ローン?! 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/17 17:00)

来月の長期固定金利は上昇必至 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/02/12 12:00)

2月のフラット35の気になる金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/02/03 12:00)

東京スター銀行の誤算 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/24 16:00)