「イップス」「送球恐怖症」に陥ったプロ選手たち - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「イップス」「送球恐怖症」に陥ったプロ選手たち

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック スポーツ関連
前回イップス(Yips)についてご説明しました。

ある研究によると、すべてのプロゴルファーのうち33%〜48%にイップスの経験があるそうです。
特に25年以上プレーしているゴルファーにそうなりやすい傾向にあり、それが原因で引退した選手もいるくらいです。

今回は、イップス(Yips)に陥ったプロ選手たちをご紹介しましょう。

全米オープン4勝、全英オープン1勝、マスターズ2勝、全米プロ2勝、米ツアー62勝と輝かしい成績を残した名ゴルファー、ベン・ホーガン選手。彼はパターイップスが原因で引退したと言われています。

日本では、尾崎建夫選手もイップスに陥り苦しんだ経験のある選手と言われています。

野球の方では、カージナルスの田口壮選手も送球時のコントロールが乱れる「送球恐怖症」に陥り、守備をコンバートし復活を遂げました。

次回、その原因とアプローチをご紹介しましょう。
お楽しみに。

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム

ゴルフイップス、症例紹介(2009/11/23 10:11)