人生の「セカンド・ウインド」を感じよう。 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

咲桜 佳美
株式会社天職プロデュース 代表取締役社長
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人生の「セカンド・ウインド」を感じよう。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
天職マガジン 成功

【天職を手に入れる100の法則】

こんにちは。天職支援と天職起業の天職プロデュースです。

では、本日の法則スタート!

■......................................................................................................■

人生の「セカンド・ウインド」を感じよう。

■......................................................................................................■


「セカンド(2nd)・ウインド」って、聞いたことありますか?

これは、ランニング用語なんです。

ランナーズ・ハイっていう言葉は聞いたことありますか?
走っていて、苦しさを通り越して、ハイになる状態です。

でも、ランナーズ・ハイに行くためには、けっこう
がんばる必要があります。
恍惚な感じがしますよね。
なかなかそこまでは行けません(笑)

セカンド・ウインドっていうのは、もっと敷居が低い
ところにあります。

走ったことない人からは、

「ランニングなんて、どこが楽しいの?」
「マラソンなんて、苦しいだけじゃん!」
「ドMなんじゃないの?」
「いや、俺には理解できない!(byユーゴさん)」

とか、いろいろ言われます(笑)

でも、ランニングが楽しくなるのは、このセカンドウインドの
ステージを体感するからです。ドMだからではありませんよ~。

ランニングは、最初が一番しんどいです。
着替えたり、身体をちょっとほぐすために体操したり、
走るときも億劫に感じます。
寒い朝なら、なおさらです。

でも15分ほど走ると、楽しく、気持ちよくなって
爽快感を味わえるようになります。
「走ることって楽しいんだ」って感じます。

この状態のことを、「セカンド・ウインド」と言います。


車でもエンジンかけるのが、一番エネルギーがいります。
でも、ファーストギアからセカンドギアにするのは
ちょっとレバーをいじる程度の労力です。


ランニングだけでなく、人生でもまったく同じです。

前回に触れたことですが、好きな仕事をしたいと思って、
テニスコーチの道を大学時代に歩もうとしたとき、
私はそこに行くのに3年かかりました。

大学2年のときから、コーチをしてみたいと思っていたのに、
実際に勇気を出して行動に移したのは、4年になろうかという
ときでした。

でもそのあとは、好きなことを仕事にするという人生の方向性は
1度もブレたことはありません。
もちろん、試行錯誤はたくさんしましたが。

ということは、楽しいステージに行くためには、
セカンド・ウインドを感じるところまで行けばいいと。
最初が一番大変なんです。


そこを超えたら、どんどん楽しめて、「奥が深いな~」って、
楽しさがどんどんわかってきます。


私は、人がセカンド・ウインドを感じてもらうところに
いくお手伝いをするのがワクワクです。

セカンド・ウインドを感じたら、こっちのもの。
進むのは、かなり楽しくなっていきます。
そのうちに人生がランナーズ・ハイ状態になるのは
時間の問題です♪

ぜひ、楽しい人生をご一緒しませんか?

(株)天職プロデュースからあなたへプレゼント!!大好きを仕事にするためのエッセンスがギュッとつまった無料PDF小冊子です。