進化するベッド - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

進化するベッド

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
介護福祉情報

車いすを使用される方にとって、車いすは身体の一部として生活を共にされます。

室内用と外出用を分けて使用される方も居られれば、共用使用されている方も居られます。

また、福祉車輌ではクルマに付属する車いすに乗り換えて移動するケースがありますが、今年パナソニックさんから参考出展された「車いす機能つき 電動ケアベッド」と「ロボティックベッド」はベッドの一部が車いすとして分離されるという新しい発想から誕生しました。

これにより、ベッドから車いすへの移乗動作がなくなり介護軽減・自立サポートが可能になります。

使用できる症状の方は限定されるかもしれませんが、施設などにおいて導入されることが予想されます。

将来は移乗リフトの対抗馬として在宅にも適用され、寝食分離としてQOLを高めてくれる福祉用具として期待しています(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「介護福祉情報」のコラム

2012国際福祉機器展(2012/08/18 09:08)

介護福祉事業者のIT化(2011/10/13 17:10)

室内のニオイ対策(2011/10/13 07:10)

小児用座位保持装置(2011/10/12 06:10)

このコラムに類似したコラム

介護福祉事業者のIT化 斉藤 進一 - 建築家(2011/10/13 17:46)

洗髪ロボットを在宅で 斉藤 進一 - 建築家(2011/10/09 01:11)

介護福祉におけるロボット化 斉藤 進一 - 建築家(2011/10/07 15:17)

合理的、効率的な生活や子育て環境を考えた家づくりは失敗する 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/05/17 10:00)

プッシュアップと腹腔鏡手術 斉藤 進一 - 建築家(2013/12/13 15:15)