10月14日は行政書士15人にIT活用で講演 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

桝田 良一
あん共育有限会社 サービス等価交換TOKAインストラクター ITサポート
石川県
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

10月14日は行政書士15人にIT活用で講演

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ITサポート パソコン・ネット活用
ビザ衛門の代表 丹羽秀男さんとの出会いがあり、10月14日に都内で講演をすることとなった。

生徒さんは行政書士1年目の皆さん。行政書士としてWEBを持つ意味。ITを活用する意味をご説明したいと考えております。

二部構成で考えており、
第一部は行政書士のIT活用
第二部はアフィリエイトを知る です。

以下は第一部のレジメ抜粋です。

1)WEB/ブログを持つ意味としては
 ・ドメインで会社名(屋号)を持つ
 ・営業マンを1人雇うのと同じ
 ・24時間働き愚痴は言いません
 ・ブーメラン効果を狙う
 ・有名人(無名でも可)の名前を使って集客?
 ・大手ブログであれば翌日にはヒット

2)検索エンジンとキーワードについては実際に「桝田良一」や「丹羽秀男」、「若尾裕之」、「安居義宣」、「行政書士 都内」で検索をして体験重視の講座を進めようと考えています。

3)ITを活用し、目指す先としては
・オンリーワン(ニッチキーワード狙い)
・ワンストップサービス化
 例:他業種の方との連携を取る
   行政書士同士で連携を取る
・信頼されるために、実績や人柄を出す
・地域名+得意キーワード でページを作る
・他人のフンドシも使う(ビッグキーワード狙い)

第二部を含むすべてのレジメ