自分年金について - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

西原 雄二
有限会社エヌジェーアセット 代表取締役
東京都
不動産業

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今や崩壊寸前の年金制度。皆さんはこの制度を「アテ」にしていてますか。


皆さんは国民年金ですか?サラリーマンなので厚生年金ですか?私の周りにいる立派な会社経営者は皆、国民年金に加入しています。社員は皆さん厚生年金です。どうして社長は国民年金に加入している方が多いかと言うと、その社長さんたちは年金なんか貰わなくても十分老後を暮らしていける資産を作ったからなんです。ですから国民年金より負担額の多い、厚生年金を支払うのが勿体無いのです。


このように言うと「会社を経営するような人だからそんなに資産を作れたのだろう。」と思いがちですが、いきなり今の資産を築いたわけではなく、リスクを負いながら少しずつ形成されていったものなのです。それは、まず種銭になるお金を貯めることから、銀行に対する信用をつけ、ビルやマンションを購入する時には、殆ど手金を出さずに購入しています。

そのためには自分の年収をごまかさずに申告し、払いたくない税金をたくさん払っているのです。その見返りが手金を 「全く」出さずに購入代金「全額」を銀行から引っ張っています。自己資金0円ですから、利回りはもう「∞」です。


そこまでならずとも、先日私のお客さんで頭金50万円、諸経費40万円で600万円のワンルームを購入された方がいらっしゃいます。ノンバンクから550万円の融資を受けて購入しました。この場合90万円の自己資金で賃料7万円、経費や返済額を差し引いても手元に毎月3万円ほどが残るのです。年額にすると36万円です。自己資金に対する利回りは40%にもなります。(この物件は元々利回りが良かったです)


このような利回りを見ると、まるで詐欺にでもかかったようですが、本当なんです。計算してみてください。この方の場合、おそらく3年から5年位所有した上で購入額程度で売却することでしょう。また、同じような物件を2件購入すれば国民年金受給額にも匹敵します。


一方銀行へお金を預けて年間36万円の金利収入を得るためにはいくら預金しなければならないのでしょうか。全国平均金利で大口1年定期預金0.03%ですので、ざっと12億円預金しなければなりません。


銀行にウン千万預金するか、銀行へ預けていた100万円程度を元に投資するか。


このコラムに類似したコラム

節税バイアス 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/08/23 07:28)

週間ランキングで1位! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/05/17 19:00)

ワンルームの投資マンション 売却相談 受付中!【土・日もOK】 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/08/07 19:00)

投資用マンションの相談 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/19 16:36)

投資用マンション業界は未だに・・・ 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/17 16:50)