終の棲家は賃貸がお勧め - 老後の住宅 - 専門家プロファイル

吉野 充巨
オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)
藤本 厚二
藤本 厚二
(ファイナンシャルプランナー)
稲垣 史朗
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)
中舎 重之
(建築家)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2017年05月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

終の棲家は賃貸がお勧め

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の住宅
ライフプランと家計 老後の生活費

私は、老後を送るための住まいとして、都会地の住居も、新しくするのであれば賃貸が望ましいと考えています。

高齢者の自宅での在宅介護は大変厳しく、将来高齢者用住宅、老人ホームに入居する可能性が大きくになります。

また、住宅を保有された場合には、少子高齢化の進展で資産価値の低下リスクが高く、期待した額で売却できないリスクが生じます。

そして、相続してもらう相手が居なくなる可能性が大です。
既に子供達にもマイホームがあり、残された住宅に住むことが少なくなります。相続人が複数であれば、売却などが必要です。

また、住宅の多くは、加齢とともにバリアフリーへの対応が必要になります。足腰が弱れば、階段は使い勝手が悪くなり、結果1階だけで暮らしている方を大勢知っています。

従って、終の棲家を保有という考え方ではなく、老後は自分の健康ステージに合わせて転居する、賃貸暮らしというスタイルを提案しています。

多くのスタイルは、退職後の健康年齢75歳までに、老人ホームを含む転居先をお探しに成る事をお勧めします

文責

ファイナンシャルプランナー

日本FP協会 認定CFP® 吉 野 充 巨

このコラムに類似したコラム

2012国際福祉機器展と近未来介護福祉像 斉藤 進一 - 建築家(2012/09/27 00:02)

終の棲家は賃貸がお勧め 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/20 10:00)

心に効く庭のデザイン―2 小木野 貴光 - 建築家(2010/08/16 13:00)

但馬は長寿ですばらしい! 木下 泰子 - 婚活カウンセラー 終活上級カウンセラー(2017/05/20 11:21)

浴室・浴場デザイン 高齢者デイサービス 小木野 貴光 - 建築家(2017/02/24 00:00)