『ご高齢の方こそ、保険選びはプロに相談しよう』 - 保険選び - 専門家プロファイル

高津 嘉邦
代表取締役
兵庫県
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『ご高齢の方こそ、保険選びはプロに相談しよう』

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び

前回も少し触れましたが、日本の人口動態の変化に伴って高齢化が進むと言われる中、ご高齢の方に関する保険契約トラブルは非常に多くなっています。

その中でも、昔から変わらずに多いのが、加入の際のトラブルです。

健康であるにも関わらず、本来なら既往症のある方々向けに設計された、1番保険料レートの高い商品に、何も知らずに加入されている方々。

既往症があるにも関わらず、告知しなくても大丈夫だと言われ、言われるがまま、進められた商品に加入してしまっている方々。

特に家に一人で住まれている方は、保険を考える際、相談相手がいない、ということが少なくありません。

そこで、「保険=安心」だ、というイメージのもと、安心を買うつもりで一人、保険について考える。でも、どれも似たり寄ったりだから、何を選んでいいかわからない。わからないから、とりあえず相談した販売員に言われるがまま、薦められた保険商品に加入する。
しかし、言われるがまま、であったため、自分が思っていた以上の保険料を請求され、それが高額であるために支払いができなくなる。

また、上手く保険料を支払うことができたとしても、いざ保険金の支払い、となったとき、想定していたほど、保険金が支払われない。でも、そんな状況も、誰に、どう相談したらよいのかわからない…。

そんな負の連鎖が、後を絶たない状態となっております。

高齢のお客様の保険は元々保険料のレートが高くなっています。そのため、保険料を抑えながら保障を確保することは非常に難しいものです。

経験豊富で、ちゃんと相手の身になって考えることができ、自分の商品を売ることに固執しない。

そんなフラットな視点を持った専門家であっても、しっかりと時間をかけてヒアリングさせていただき、しっかりと時間をかけて調べなければ、最適な形を見つけることはできない、と言われるほど、難しいものなのです。

年金だけに頼ることができない、先行き不透明な時代だからこそ、保険はもちろんのこと、その他の金融商品に対しても、選択をする際には、納得できるよきパートナーを見つけ、相談していただければと思います。

※「美楽」10月号の執筆分

このコラムに類似したコラム

アイスビィ保険ショップ開店2周年記念キャンペーンの御案内 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/07 16:05)

保険の「付帯サービス」って?相談サービスを活用しよう。 京増 恵太郎 - ファイナンシャルプランナー(2013/12/03 09:49)

保険と貯蓄の違いって? 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/10 13:36)

意外と知られていない年金制度 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/16 05:59)

9/11発売サンデー毎日「生保が売りたがらない得する保険」でコ… 平野 雅章 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/11 08:32)