ルーバーによる光のコントロール~サスティナブルデザイン~ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ルーバーによる光のコントロール~サスティナブルデザイン~

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵 4.自然エネルギーの活用について

ルーバーによる光のコントロール~サスティナブルデザイン


自然エネルギーとして莫大なエネルギーを持っている太陽。
この太陽の熱や光をどれだけ有効に活用できるかは、21世紀の建築デザインにおいては最重要課題だと言えるでしょう。


当社では、窓の開口デザイン以外にも太陽光、太陽熱を取り入れるための「外部ルーバー」をデザインとして活用しています。
木製ルーバーを使う事が多いのですが、写真のようなイメージです。そして、このルーバーは可動出来るようにしています。


季節によってルーバーの角度を変えることで太陽光をコントロールします。こういった考え方のことを建築では「サスティナブルデザイン(持続性可能なデザイン)」といいます。


一般的なところでは、「庇」もサスティナブルデザインです。例えば、南側の庇は夏の日差しを遮り、冬の日差しを取り入れるための庇の長さというものがあります。


それをデザイン的に取り入れれば、自然エネルギーを最大限に活用できるでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵」のコラム

このコラムに類似したコラム

太陽光の熱を集める方法 その1 八納 啓造 - 建築家(2011/11/03 11:53)

【パッシブ発想に基づく省エネルギー住宅−7】 西島 正樹 - 建築家(2015/02/24 15:31)

冬のエネルギー消費 斉藤 進一 - 建築家(2013/11/23 17:40)

岩手県花巻市へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/08/06 17:23)

軒も庇もない家。 杉浦 繁 - 建築家(2013/05/15 18:10)