古いマンションの建て替え - マンション売買 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

古いマンションの建て替え

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. マンション売買

昔のマンションは、

現在のように敷地いっぱいに建物が建っていません。

敷地に対してゆったりと建物が建ち、

敷地内に公園があったりと、

余分なスペースがふんだんに取り込まれています。


昔の古き良き時代が持つ、

余裕がなせるわざでしょうか。


反対に現在の建物は、

敷地いっぱいに建てられ、

上へ上へと階数を伸ばしていきます。

少しでも多くの人が住めるように、

余分なスペースなど作ったりしません。

それが良いか悪いかは別にして、

あまり余裕がないように感じませんか?


話がそれてしまいましたが・・・。


このように築年数の古いマンションは、

建てようと思えば、

現代風のもっと大きな建物を建築することが出来ます。


所有者の数も少なく、

土地の持ち分も大きいですから、

もし再建築が決議されれば、

持分に応じて新しい部屋があてがわれたり、

金銭の保証を受けられたりします。

それを期待して、

わざわざ築の古いマンションを買う人もいる位です。


しかしマンションの建て替え決議は、

区分所有者の5分の4の賛成が必要です。

建て替えが必要な老朽化したマンションには、

当然高齢の人も住んでいます。


わざわざ一度引っ越して・・・

なんてことを簡単に承諾するとは思えません。

何気に建て替え決議はハードルが高いです。


期待するのはいいですが、

それを人生計画に組み込んでしまうのは危険ですね。

このコラムに類似したコラム

一戸建てや土地の売買契約に関する個別相談  受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/07/29 17:00)

道路調査の注意点【建築基準法の道路とは②】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/07/28 17:34)

用途制限、建ぺい率で覚えておきたい基礎的な知識 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/19 09:00)

住宅購入は増税前がいいのか?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/06/26 19:26)

マンションの建物部分と土地の代金の簡便な把握 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/11 16:00)