ハーブ収穫について - コラム - 専門家プロファイル

不破 美穂子
MICCHEL パンと料理の小さな教室 料理家
東京都
料理講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ハーブ収穫について

- good

こんにちは!不破です。
今日は、東京タワーで ふるさと 大船渡さんままつりが開催されます。
無料で、さんまが食べられます!香ばしくて臭みがなく本当に美味しいです。
 
話がそれました。
今回は、収穫について簡単に!
 
 
収穫

☆種子と果実

種子は、茶色で、完熟したものを採取します。
種子は、カビがはえないように、風通しの良い日陰で乾かし、ぽりぶくろに入れて冷蔵庫で、保管します。冷蔵庫に入れたときには、何の種が覚えていますが、月日がたつと、忘れてしまうので、名前を書いておくことをおすすめします。
忘れてしまうのは、私だけかな?!


☆葉や茎
根本あたりから利用するものにチャイブ、ルバーブなどがあります。
必要な時に収穫します。
枝先を利用するものにタイム、セージ、マジョラムなどがあります。これらの株がある程度育ったら、年に一度、地上7センチのところから切り、株の更新をはかります。
バジル、ローレルは、必要に応じてつみとります。同じにセージ、バジルは、花をつけないようにしておきます。
一旦はなを付けると葉が固くなります。


☆花
花を利用するハーブには、カモマイル、ポットマリーゴールド、スイートバイオレット、ジャスミン、ニゲラ、エルダーなどがあります。
これらは、開花の早いうちにつみとるか、花茎ごとつみとります。
サフランは、開花した朝に赤い柱頭をつみとります。繊細な作業と貴重な部位なので、高価な理由がわかりますね。
 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

第784号:喉元過ぎれば熱さを忘れる知恵 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/03/25 07:59)

≪大人学舎≫ スタートします! MiSAE - イメージコンサルタント(2011/07/11 11:51)

ルミネ賑わっています(^-^)/ 石井 さとこ - 歯科医師(2015/05/15 20:35)

あけましておめでとうございます!! 石井 さとこ - 歯科医師(2014/01/02 16:21)

人見知りランチ会(*^_^*) 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/12/13 17:46)