借入を使うタイミングはいつか - ビジネスモデル - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借入を使うタイミングはいつか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. ビジネスモデル
経営 経営実践

おはようございます、これを書いている現在、外は大雨です。

数日前の暑さはどこへやら。


昨日からの続き、お金の色と会社の規模について。

少し前の健全な資金繰り例で取り上げた通り、リスクの少ない設備投資は

自社事業の中から稼ぎ出した営業CFから行われるべきです。


しかし、中には時期的に稼ぎが出せるのを待っているわけにもいかない

急ぎの投資というものもあるでしょう。

そういう時には借入を使わざるを得ないこともあるかもしれません。

ただし、この場合には結果を出すまでにかなり厳しめの時間制限が

あることをよくよく自覚しなくてはなりません。


あまりにも保守的に聴こえるかもしれませんが、死ににくい経営を

目指すにはこれくらいの考えでいた方が無難です。

基本的に「他人のお金で商売をしても上手くいかない」というのが

小さな会社における鉄則のようなものです。

なるべく他人のお金を使わずに事業を行うのは大切な姿勢です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

だから私生活が大切 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/23 06:00)

『フランチャイズ・・高齢者向け配食サービス FCの失敗ケー 中川 強 - 起業コンサルタント(2013/06/05 14:56)

「大阪 起業 官民ファンド 100億円 」に要望 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2012/12/21 10:26)

企業の借入戦略・銀行とどのように付き合うか! 森 大志 - 税理士(2012/09/20 17:45)

原因と結果 高橋 昌也 - 税理士(2011/10/25 06:00)