日経電子版記事;8億のつぶやき宝の山売る側/買う側の交差点考察 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経電子版記事;8億のつぶやき宝の山売る側/買う側の交差点考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
経営戦略 インターネットマーケティング

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

9月20日付の日経電子版に、『8億のつぶやき 宝の山 売る側・買う側の交差点 ソーシャル×企業 日産、EV巡りファンと対話 サントリー「仮想飲み会」で販売増 』 のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『交流サイト(SNS)「フェイスブック」やミニブログ「ツイッター」などのソーシャルメディアが、企業活動を大きく変え始めた。多くの人とサイト上で直接対話できる仕組みを使った情報発信の強化や、消費者の声を販売促進や商品開発に生かす動きが広がっている。

存在感が増しているソーシャルメディアが拓く、企業の新しい姿を追う。

「雨天の充電は大丈夫?」「見ての通り、土砂降りでも問題ありません」。日産自動車の電気自動車
(EV)「リーフ」を紹介するフェイスブックのページには、雨の日になると決まってこんな質問が寄せられる。画面上には大量の水をかぶりながら充電するリーフの動画が映し出された。

日産自動車は顧客との接点のひとつとして積極的にフェイスブックなどのソーシャルネットワークを活用する日産は、昨年3月に発売したリーフの広告をソーシャルメディアに絞った。

充電が必要などエンジン車と使い方が異なるため、正しく知ってもらうには一方的な情報発信より、双方向の深い対話が必要と考えたからだ。

日産がソーシャルを通じて受ける質問の数はツイッターも合わせると1日数十件。担当者4~5人で回答している。フェイスブックの会員に相当する日産の「ファン」は3万5000人。

ファンのフェイスブックページには新製品などの情報を自動的に流せるため、消費者との交流を深めてファンを増やせば、結果的に新車の販売につながる可能性も高い。

狙うのはそれだけではない。ソーシャル担当の1人、小川正太郎アシスタントマネージャーは「集まった声は次のEVなどの開発に生かせる貴重な財産」とみている。消費者の声を社内のエンジニアへ伝え、顧客ニーズに合わせた開発にも生かしていく考えだ。

ソーシャルは企業と消費者の距離を縮めるため「無くてはならないツール」(日産の小川氏)になってきた。どこでもインターネットにつながるスマートフォン(高機能携帯電話)の普及などで利用者が増えた。

1カ月に最低1回はフェイスブックにログインする利用者は約500万人で「1年後に2倍になる」(広告大手)との予測もある。国産SNSの「mixi」は7月時点で1535万人の会員を抱える。ソーシャルは新しいメディアとしての地位を固めつつある。

消費者と直接つながれるソーシャルはうまく使えば、情報提供や宣伝だけでなく、実際に販売を増やすことも可能だ。

「カンパイ!」。自分の部屋に仲間を集め、缶酎ハイ片手に語り合う――。サントリー酒類はこんな場をソーシャル上に開き、缶酎ハイ「ほろよい」の販売を伸ばした。

 2009年発売の低アルコール焼酎「ほろよい」はアルコール度数が3%と通常の半分程度で甘みが強いのが特徴だ。酒類が苦手な一方、甘さを好む若者を取り込み、今年8月に年間計画を年初に比べ約5割増の1000万ケース(1ケースは250ミリリットル入り24本換算)に上方修正した。

 成功の秘訣はソーシャルにある。ネット世代の若者の間では自宅でインターネットなどをしながら酒を飲む「ながら飲み」が増えていると分析。そこで、ソーシャル上で“飲み会”を開ける仕組みを考案した。自分や友達のアバター(ネット上の分身)がほろよいを酌み交わしながらチャットする「ほろよい部屋」をmixiに設け、話題を呼んだ。登録会員(8月23日現在)は約35万人に達した。。。。』


「フェイスブック」や「ツイッター」のような交流サイト(SNS)をマーケティングや宣伝・広告に使うケースがここ1年位の間に急増しています。

特にフェイスブックは、ほぼ実名に近い形での会員登録となっており、匿名で行う同様のシステムに比べて、極端な意見表明や他人に対する攻撃などの行為が少なく、会員同士で対話できます。

フェイスブックとツイッターを連動させて、どちらかで呟いたり、書き込むと自動的に反映させることが出来ます。

私もツイッターとフェースブックを連動させ、自分のブログやAll Aboutプロファイルのコラム記事を更新しますと、自動的に反映させるようにしています。

こうすることにより、関心を持った方から問合せがあり、受注につながるケースが出て来ています。このため、幾つかの支援する企業に自社のWebサイト、ブログ、フェイスブックなどを連動させて、自社のメッセージを発信して顧客と双方向で会話することを薦めています。

上記日産のEV「リーフ」をフェイスブック及びツイッターにて紹介し、顧客と会話するやり方は大いに参考になります。

現在、EVはまだニッチビジネスです。このEVを既に購入した顧客、関心を持ち購入する意欲のある潜在顧客などの特定のフアンと交流することは、日産にとって顧客ニーズを理解し、深堀出来る大きなメリットがあります。

現時点でEVを購入する人達は、重要な顧客と言う観点だけでなく、これらの人達の対話を通じて日産のこの事業に対する姿勢を理解してもらうことは大きな意味を持ちます。

フェイスブックやツイッターの会話の輪が大きくなればなるほど、企業が発信する情報自体が広告宣伝になります。

企業がフェイスブックやツイッターを使用する時に、以下のことは絶対にやってはいけません。

・嘘をつく
・質問に対して真摯に答えない
・相手を批判、中傷する
・自社の社員によるやらせは行わない
・他社商品・サービスを批判しない
・自社商品・サービスを過剰に宣伝しない、など

上記のことをやって、フェイスブックやツイッターが炎上すれば、それまでに築いた信頼関係はあっという間に崩れます。

フェイスブックやツイッターは使われるようになってから未だ日が浅いですが、この媒体をどう活用するか企業は真剣に考える段階に来ています。

中小企業にとって、フェイスブックやツイッターは自社商品・サービスについて、顧客や潜在顧客と対話できる絶好の媒体です。コストをかけずに広告・宣伝も出来ます。

誰でも手軽に参加できる媒体ですので、積極手に活用し情報発信するようにしましょう。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム

社内報のライバル、考えたことありますか? 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/01/20 13:08)

2016年新卒の「倫理憲章」改定でブームとなるのは? 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/02 10:00)

「不採用の理由」に不足感を感じる就活生 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/25 10:00)

「月刊総務オンライン」で第2回目のコラムがアップされました! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/17 17:00)

孫社長がTwitterを16日間つぶやかず 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/13 09:48)