経営改革に成功する会社の必要条件(9) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

ドクトル・ホリコン 堀内智彦
株式会社グリップス 企業ドクター
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経営改革に成功する会社の必要条件(9)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン

■経営改革成功の秘訣-「経営改革三原則」のすすめ

 経営改革に成功するためには、さまざまな問題の解決をしなければなりません。筆者はプロジェクトの開始時に下記の三原則を経営者同意のもと宣言します。

1.過去を否定しない

2.犯人探しをしない

3.個人を攻撃しない

これが「経営改革三原則」です。

筆者の改革手法は、経費削減目的での人員削減はせず、現状の経営資源で生産性を上げることなので、この三原則を堅持することにより、従業員は過去の「過失・責任」を問われることなく、安心して経営改革に取り組むことができるのです。

そして何故リストラをしないのか?「リストラ」とは人罪(犯人)探しなのです。しかし、ヒトには多面性があり、普段は人罪と思われるヒトが経営改革時にリーダーシップを発揮したり、人財と言われるヒトが後ろ向きだったりします。

すべての従業員は人財になる可能性があります。ただし、「付加価値と人件費のアンバランス」を是正する努力のできない従業員はやがて新陳代謝の過程において淘汰されることはある意味仕方がないと考えています。

このコラムに類似したコラム

【もうひとつの戦い】日常を取り戻す努力 辰巳 いちぞう - 経営コンサルタント(2011/03/15 19:21)

【ITベンダー脱下請】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/07/26 09:49)

社員を恫喝する経営者が見失っているのではないかと思うこと 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/05/10 08:00)

マーケティングフォーラムのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/28 11:06)

数年先の経営を見据えた議論 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/02 10:37)