男性は「哀」が・・・【本当の感情を伝える】 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

鈴木 栄美子
マインドック有限会社 代表取締役
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男性は「哀」が・・・【本当の感情を伝える】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン

他人も自分も尊重しながら
自己主張していく方法」の4段階のうち、
第2段階目

”本当の感情を伝える”

ここでの男女差は、2点あります。


1点は、男性より女性の方が、
第2段階目は実行しやすいということ。

2点目は、
男性が、喜怒哀楽の中の「哀」の表現を抑制し、
女性は、「怒」の表現を抑制するということです。

男性が
「~と思う」
「~と考える」
「~するべきだ」
という表現をすることが多いのは、
感情を入れないようにしているからです。

そうして、その中でも「哀」の表現は、
特に抑制します。


これは社会的な条件付けの結果のようです。

幼少期から男性は、

「男の子なんだから泣いちゃダメ」
「男の子なんだからウジウジしちゃダメ」
「男の子なんだから競争が好き」
「男の子なんだから大物になって」

と言われることが多いです。

生まれながらに男性が
「哀」を感じないわけではないのですが、
「哀」を表現すると不都合な状況が多いので、
表現しないようになっていくのです。


人によっては、
「哀」を感じないようにします。

だから男性は、
「哀」の表現を抑制すると考えておきましょう。

そこで男性は、「哀」の表現の替わりに
「怒」の表現を使う人が多くいます。

”泣くことができないので怒る”というパターンです。

男性は自分が怒っていたら、
何か悲しいのかも知れないと考えてみましょう。

そうすれば、第2段階目
”本当の感情を伝える”が能力が
ぐんとアップしますよ。



◆61日間で集客数と売上が簡単にアップする
女性感情マーケティングがわかる。
特別無料音声
「集客の盲点・新規集客先は女性だった」
   +
無料メール講座
「ビジネスに活かす女心掌握術」
お申し込みは、こちらです!
⇒⇒ http://www.bestmindoc.com/present.html

このコラムに類似したコラム

第3段階目で【男性が相手が悪いとなる時】 鈴木 栄美子 - ビジネススキル講師(2011/10/11 05:46)

世界80ヶ国での放送『JIN-仁-』が選ばれた理由 鈴木 栄美子 - ビジネススキル講師(2011/09/30 07:00)

男性には、こう聞こえています【感情つきの表現】 鈴木 栄美子 - ビジネススキル講師(2011/09/08 06:00)

女性には、こう聞こえています【判断つきの表現】 鈴木 栄美子 - ビジネススキル講師(2011/09/06 18:51)

来場者の感情の演出もマーケティング 松橋 功 - 売上アップコンサルタント(2013/09/21 00:13)