(写真)受け口の外科手術は成長期が終わるまで無理? (15歳男 - 受け口矯正 - 専門家プロファイル

医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
大阪府
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(写真)受け口の外科手術は成長期が終わるまで無理? (15歳男

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 受け口矯正
審美歯科、矯正歯科の質問と回答 受け口、反対交合、しゃくれ

(質問)

15男子です
少し、受け口で悩んでいます。他院で、外科手術が必要だが、成長期が終わるまで、無理だ。といわれました。そちら医院では、どうですか?
よろしくお願いします。

(回答)

ウメダデンタルクリニックでございます。
早速ご質問についてですが、画像を拝見しますと受け口の傾向にあると思われま
す。上下の骨格のズレが大きい場合、外科を併用した歯列矯正になりますが、実
際にレントゲン等の検査による確定診断が必要となります。
治療の時期については、外科矯正では顎の成長が落ち着いた20才以降となります
が、一般の歯列矯正は20才を待たずに行うことが通法です。

尚、詳細なアドバイスをご希望の方は、ご都合の良い日時をご指定のうえ、無料
カウンセリングにお越しください。
20周年謝恩キャンペーンも是非ご利用下さいませ。

受け口、反対交合、しゃくれ
http://www.umeda.or.jp/ort_uke.html (矯正症例)

無料カウンセリング予約
 http://www.umeda.or.jp/yoyaku.html

======================================
院長 山本 治
ウメダデンタルクリニック 大阪市北区小松原町3-3 OSビル10F
TEL 06-6364-4698  FAX 06-6311-2041

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 歯科医師)
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

カテゴリ 「審美歯科、矯正歯科の質問と回答」のコラム

矯正かセラミックか手術か(2014/03/31 23:03)

このコラムに類似したコラム