少額の広告宣伝用資産の一時償却について - 法人税 - 専門家プロファイル

株式会社スリーアローズ 代表取締役
神奈川県
税理士
044-434-1616
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

少額の広告宣伝用資産の一時償却について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 法人税
【社長必見!】税金コラム 法人税関連

 質問・・・

 当社は、化粧品メーカーから広告宣伝用資産である化粧棚1個12万円のもの4個を贈られましたので、その合計額の3分の2相当額(32万円=12万円×4個×2/3)が30万円を超えることから法人税基本通達4-2-1((広告宣伝用資産等の受贈益))により当該3分の2相当額を受贈益として計上します。この場合において、化粧棚1個当たりの受贈益は8万円となりますが、法人税法施行令第133条((少額減価償却資産の取得価額の損金算入))の規定を摘要して損金に算入することができますか。

 回答・・・

 法人税法施行令第133条においては、取得価額が10万円未満の減価償却資産は、これを事業の用に供した事業年度において一時償却することができると規定されています。照会の広告宣伝用資産の取得価額は、1個8万円であるので、一時に損金算入することができます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 税理士)
株式会社スリーアローズ 代表取締役

税理士として、FPとして、経営計画と生活設計を複合的にサポート

お客様が目標を達成されたときの満足感、不安を解消されたときの安堵感を、ともにすることが使命。FPとしてのスキルも活かし、税金のみならず「お金」の専門家として、未来に軸足を置いたコンサルティングに注力。事業も個人もトータルにサポートいたします。

044-434-1616
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「【社長必見!】税金コラム」のコラム

雇用促進税制について(2011/09/16 12:09)

このコラムに類似したコラム