こだわりのETFで組み合わせる自分用ファンド - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こだわりのETFで組み合わせる自分用ファンド

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用の原則 ETF(上場投信)とインデックスファンド
どうしても特定な地域にこだわりがあれば、日本を除く中国・タイ・豪州・NZを対象とするMSCI Pacific ex-JAPAN指数に連動するETF、欧州の株価指数に連動するETFは2本、東欧の株価指数に連動するもの、ラテンアメリカの株価指数に連動するETFなどがあります。

 また特定の国の株価指数に連動するものは、中国・香港で6本、韓国2本、台湾、豪州2本、マレーシア、インド2本、メキシコ、ブラジルなどがあり、夫々の国を対象とするアクティブ・ファンドよりも信託報酬は格安です。

 グローバルな指数に連動するものとして、S&Pグローバル100指数に連動するもの、そしてS&Pグローバル一般消費財セクター指数など九つのセクター・ファンドも購入できるようになっています。

 残念ながら、債券を対象とするETFは殆どが米国内の債券を対象とする指数に連動するものしかありません。現在はユーロ建ての債券の世界に占める割合は42%もありますからこの点は残念ですが、多分今しばらくの辛抱と思っています。

そのときは、アメリカ21%、日本28%、その他の太平洋地域1%、英国6%、その他の欧州42%、カナダ2%を参考に組んでみましょう。ただ、個人的にはこの比率でダイレクトに各国国債を購入するほうがよいと考えています。

これらと日本のTOPIXに連動するETFや、東証で上場予定される金のETFなどを組み合わせれば、ほぼ我々一般投資家として必要なグローバルなバランス・ファンドが自分で組み合わせられると思います。

私のホームページに、ETF表を載せています。宜しければ訪れてください。
http://www.officemyfp.com/ETF-1.htm

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム