お金の切れ目が薬の切れ目?! - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金の切れ目が薬の切れ目?!

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し
病(やまい)とお金

  こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 長引く不況の中で「患者になれない病人」に関心が集まっています。

 

 中でも高い薬価の医薬品を使用しなければならない、がんや糖尿病、リウマチといった病気の患者負担は深刻です。

 

 全日本民主医療機関連合会(民医連)が、患者約千人にアンケートを実施し実態を発表しています。

 

 アンケート結果によると、窓口での一部負担金を支払うために工夫をしている人は56%。

 そのうち、約60%の人が医療費や薬代をねん出するために、生活費を切り詰めていることがわかりました。

 

 自己負担3割の人が一度に支払う薬代は、抗がん剤で25,505円、インスリン製剤で6,458円、リウマチ治療薬では31,629円となっています。

 

 経済的な理由で治療を断念した経験のある人は、13.7%でした。

 

 薬物療法を継続中の人にとって、まさに「金の切れ目が薬の切れ目」になっているのですね。

 

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

100年ビジョンを立てよ~フォーバル大久保会長講演~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/30 18:21)

災難は ある日突然やってくる 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/30 17:50)

『収入に満足』48% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/06 11:00)

苦手なことは、叱られれば改善するの? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/30 11:29)

情報発信サイト「Syufeel(シュフィール)」にコラムが掲載されました。 杉浦 詔子 - ファイナンシャルプランナー、カウンセラー(2016/05/05 14:42)