問題解決療法(2) - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

銀座泰明クリニック 院長
東京都
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

問題解決療法(2)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
認知行動療法

3代替可能な解決策の産出
問題に対し、できるだけたくさんの選択肢を考え、より良い解決策を得ることを目指します。それには「拡散的思考」(Guilford)や「ブレイン・ストーミング」(Osborn)を用います。これは「頭の中に嵐を巻き起こす」という名称の通り、固定観念にとらわれず、様々なアイデアをいくつも考え出すことです。この際、よりもが重要で、それらを分類したり、組み合わせたりすることにより、更なるアイデアを考え出すことができます。そして、意思決定するまでは、批判や評価を避け、自由な雰囲気の中で行うことにより、多くの解決策を考え出せることができます。

4意思決定
代替思考により得られた選択肢から最善の解決策を決めます。そのためには、それぞれのメリットデメリットを十分に検討します。基準は、問題を解決できる見込み、期待される心理的安定、要する時間や労力、自分や周囲への影響、などです。それには「収束的思考」が求められます。拡散的思考で得られたいくつものアイデアを、内容や時間の流れによりまとめ、より良いアイデアへ至るよう努めます。これらのアイデアも図や表にすると容易にまとめることができます。

5実施と検証
選択された解決策を実施し、結果を検証します。特に仕事や生活における「有効性」「実用性」に注目いたします。そのためには結果を客観的・具体的観察・記録すると効果的です。回数や時間、金額などを数値化するとより良いでしょう。

銀座泰明クリニック

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
銀座泰明クリニック 院長

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「認知行動療法」のコラム

認知療法(5)(2007/10/23 00:10)

認知療法(4)(2007/10/22 00:10)

認知療法(3)(2007/10/21 00:10)

認知療法(2)(2007/10/20 00:10)

認知療法(1)(2007/10/19 00:10)

このコラムに類似したコラム

問題解決療法(1) 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2007/10/07 16:53)

こころの癒しの作業2 藤永 英治 - 心理カウンセラー(2015/01/11 14:57)

「体質」をプラスに使う方法! 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/12/12 18:14)

人から認めてもらいたい時、気をつけたい思考とは? 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/12/03 21:10)

なぜTAW理論を使ったセラピーは、有効か? 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/10/13 22:11)