借入の返済が多すぎるor早すぎる - ビジネスモデル - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借入の返済が多すぎるor早すぎる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. ビジネスモデル
経営 経営実践

おはようございます、夜の寝苦しさがなんとも。

水分と塩分は確保したいですね。


昨日からの続き、お金の色と会社の規模について。

昨日の例で言うと、営業CFが+100に対して投資で△10、財務で△120

ということは都合△30のマイナスになっています。

つまりお金を手に入れるスピードに対して出ていくスピードの方が

早いということを意味します。

これを続けていては事業が継続できません。

見直す方法としては


・営業CFを改善して収入を増やす。

・借入の返済を見直して財務CFの支出幅を減らす。


こんなことが考えられます。

次に設備投資を検討している例でも。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

設備投資のタイミング 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/15 06:00)

健全な資金繰り例 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/19 06:00)

借金での投資はハイリスク 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/17 06:00)

お金をどこから調達して設備投資のするのか 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/16 06:00)

営業CFで賄えているか 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/13 06:00)