ファサード/野川の住宅 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ファサード/野川の住宅

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
野川の住宅
この住宅は、雛壇状の分譲地の一画に建っています。近隣住戸からは、見下ろされるような位置にあるため、周りの環境(住宅)とプライバシーの関係をどのようにするかがテーマとなってスタートした計画です。

南の前面道路側からは、申し分のないくらいの日射しがある反面、近隣住民の生活導線ともなっているため、あっけらかんとした開口では、結局カーテン閉めっきりの使い切れない窓となるでしょう。

そこで我々の計画では、インテリア側に吐き出しの大開口を取り付け、その前に中庭を置き、さらに手前にはオブラート状にポリカボネートの膜を用意しました。こうすることによって、南の強い日射しは柔らかく変換され、道路側からの視線もさえぎり、プライバシーも確保することができました。

また2階では、横長の窓を取り付けると、近隣住戸から部屋全体を見渡せるようになるため、縦長の窓にすることで外から見える場所を限定しながら、採光を確保しました。つまり個室の中でもパプリック的な場所とプラバシーの強い場所ができるわけです。

このようにして野川の住宅のファサード(家の顔)は考えられていったわけですけれども、もう一つの顔、屋上(頭?)に見える円筒は何でしょうか?今後明らかにしていきたいと思っております。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
納谷建築設計事務所 

「Why」を突き詰めると、家の本当の役割が見えてきます

例えば「ここに窓が欲しい」と思う気持ちは、記憶の産物でしかありません。欲しい「why」を突き詰め、家作りで答えを出すのが僕らの仕事です。家への思いを遠慮せず話して下さい。楽しくて新しい家を一緒に作っていきましょう。※僕が納谷兄弟の弟です

カテゴリ 「野川の住宅」のコラム

3フロア/野川の住宅(2006/05/29 16:05)

庭×3/野川の住宅(2006/05/16 20:05)