最新! 秋のイベント はじめの一歩 - イベント・地域活性全般 - 専門家プロファイル

高橋 真由美
サマンサハート 代表/女性マーケティングプランナー
新潟県
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
江川 晴子
(イベントプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最新! 秋のイベント はじめの一歩

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. イベント・地域活性全般



こんにちは!

女性向け集客イベント企画のサマンサハート高橋真由美です。


秋になり、新製品がたくさん発売されています。また、その新製品にちなんだサービスを提供したり、ツールを新しくしたりと新製品にかかわるお仕事が増えてくる時期です。その際には、イベントを開催する店舗さん、企業さんも多いと思います。

そんな中、毎回、恒例になっているからと、惰性でイベントを開催していませんか?中には、来客数が少なくて、今後イベントを開催することを見直したいと思っている店舗さん、企業さんはございませんか?

皆さんに質問です。集客がうまく行くイベントと、集客できないイベントの差はなんだと思いますか?


その違いは「自分たちはどうしたいのか」が明確になっているかどうかです。例えば、今回新発売になった製品を販売したい!のであれば、お客さまにどんな行動をさせたいのかもハッキリとさせることです。


たくさんのイベントに参加をさせていただいて思うのは、お客様が迷ってしまい、結局集客数の少なくてぱっとしないイベントが多いことです。新発売の製品を紹介したいと立ち上げたイベントだったのに、今までのサービスもお知らせも盛り込み、お問い合わせが来たときのためにフォローを充実させたり。・・・・と、様々な内容を盛り込んでしまい、たくさん楽しんでもらえるはずなのに、サッパリ集客がないのです。
イベントの目的が、途中で変わってしまったことで、集客にも販売にもつながらない。このようなことはよくあることです。


この様な消化不良のイベントにならないように、最終的にイベント開催がお客さまに喜ばれ、販売にもつながるように、イベントを設計する必要があります。
もちろん集客率の高いイベントは、販売額が上がっている、また受注があるという結果が出ています。


イベント開催のスタート時に「自分たちはどうしたいのか」「お客さまにどうして欲しいのか」などぜひ、明確な成果目標を定めてください。
社内、店内全体で、明確な成果目標があることで、さらにイベントへの成功がスムーズになっていきます。


このコラムに類似したコラム

セミナーの開催や案内を教えてください。 うえた さより - マーケティングプランナー(2011/10/15 08:56)

女性に人気のセミナーはいかがですか? うえた さより - マーケティングプランナー(2011/10/08 11:52)

★10/16-11/3 「神楽坂まち飛びフェスタ2010」開催 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2010/11/05 11:41)

★9/18-10/2 「浅草燈籠会」開催 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2010/09/18 13:21)

★3/4 「渋谷・表参道 Women’s Run」開催 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2012/03/03 19:06)