小さいなら自分のお金で - ビジネスモデル - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
笠井 文哉
(経営コンサルタント)
林原 安徳
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小さいなら自分のお金で

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. ビジネスモデル
経営 経営実践

おはようございます、台風が気がかりですね。

悩んだとて進路が変わるわけでもないのですが。


昨日からの続き、お金の色と会社の規模について。

数十億レベルなら他人のお金も入るのか、というお話でした。

事業の種類にもよりますが、数億円程度の売上を目指すのであれば

資本については自分のところのお金だけで賄われることが多いのでは

ないか?と思います。

これくらいの規模で他人のお金が入っていると、小さいことのメリットで

ある小回りの活用を阻害してしまうことがあるからです。


飲食店を一つやる程度なら年間の売上が多くても数千万円でしょう。

こういう規模のお店を始めたいなら、まず自分のお金をある程度貯めて

それを使うという事前の準備が大切ではないかと思います。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

科学者からの提起(2017/07/21 07:07)

自分自身の開拓(2017/07/20 07:07)

主観的世界(2017/07/19 07:07)

このコラムに類似したコラム

どれくらいの規模を目指したいのか 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/02 06:00)

稟議稟議で話が進まず 高橋 昌也 - 税理士(2011/08/31 06:00)

確定申告における領収書の意味を理解していますか! 森 大志 - 税理士(2013/02/06 19:05)

無自覚な成長は危ない 高橋 昌也 - 税理士(2011/10/19 06:00)