国際福祉機器展2007 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国際福祉機器展2007

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
介護福祉情報
10/3から10/5まで東京ビックサイトで行われた「国際福祉機器展」に今年も行ってまいりました。

今年の感想として
1.全体的に出展企業が減少したように思えました。

昨年までは似たような商品を各社が出展していましたが、福祉機器の業界も淘汰の時代(生き残りの時代)がやってきたとも言えます。

2.介護予防に力を入れた(訓練マシンのような)機器の出展が目立ちました。

3.自助具販売コーナーでは、その場で購入が出来るため、多くの方が利用されてました。

4.車椅子(車イス)の自動化(機械化)が今年のキーワードのような気がしました。

現在使用している車いすも後付で全自動化できるなど、バッテリーの小型化や新規メーカーの参入で活気づいてました。便利になる一方で、上半身に残存機能が残っておられる方は、プッシュアップのちからが低下する懸念もありそうです。。
また、昨年の感想でも書いた、「立位で載れる車椅子」関連は、北欧やドイツのメーカーだけでなく日本のメーカーにも導入され身近になりつつあります。

今年の目玉製品として、朝のNHKニュースでも取り上げられた「ベストポジションバー」は私もお各様にオススメしたい手すりです。天井補強が必要になりますが、好きな場所に手軽に設置できるところが魅力です。

今年の最新情報を仕事に活かし、より住みやすい環境をご提供してまいりたいと思います。


国際福祉機器展2006についてのコラム
http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/4049

国際福祉機器展2006の感想コラム
http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/4083

ベストポジションバー メーカーHP
http://www.dipper-hokumei.co.jp/index2/index2.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「介護福祉情報」のコラム

2012国際福祉機器展(2012/08/18 09:08)

介護福祉事業者のIT化(2011/10/13 17:10)

室内のニオイ対策(2011/10/13 07:10)

小児用座位保持装置(2011/10/12 06:10)