No.171 大胆に「攻」と「守」を使い分ける源吉兆庵の海外戦略 - 海外展開 - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.171 大胆に「攻」と「守」を使い分ける源吉兆庵の海外戦略

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 海外展開
ブランディングニュース 『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
No.171 大胆に「攻」と「守」を使い分ける源吉兆庵の海外戦略
--------------------------------------------------------------
“選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン      2011.08.29

 ブランディングニュース『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
【参加者募集中!9月1日(木)ブランディング勉強会】 ※残席8

『日本文化とモノづくり
世界をアッと驚かせるメイド・バイ・ジャパンのモノづくりコンセプト
の設計方法』

今回の講師、川口盛之助氏は、
・大前研一氏のビジネスブレークスルー講師
・NHK総合「セカイでニホンGO」コメンテーター
・テレビ東京「ルビコンの決断」コメンテーター
を務め、

・Yahoo Japan動画ランキング3位
・スウェーデン大使館ビデオ出演
など各界から注目されています。

超円高を迎え、
成熟商品市場は技術だけでは競争力が磨けません。

そのような厳しい状況の中で、求められている
新しい発想のキーワードは「メイド・バイ・ジャパン」。

世界のメディアが川口氏を注目する理由が
ここにあります。

世界市場が求めていることに日本企業として応えること・・・
一番効果的な方法がここにあるにも関わらず
多くの方は気づいていない。

日本の魅力を活かした事業展開を
本気で考えたい方は是非!

お申込み・詳細はこちら
⇒ http://www.id10.jp/seminar/110901
-----------------------------------------------

こんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

暑い日がつづいていますが、みなさん体調はいかがでしょうか。

今日を数えれば、残り3日で9月。
涼しい秋を迎えるまで、もうしばらくの辛抱ですね。

そんな今日8月29日は「焼肉の日」。
しっかりスタミナをつけて、明日への活力をつけたいものです。

さて、今回のブランディングニュース
『世界で活躍するニッポン・ブランド』は、
高級和菓子処として高名な源 吉兆庵を取り上げます。

宗家 源 吉兆庵の社名で出発したのは1994年、
創業は1947年と、老舗が多い和菓子業界の中では
新しい会社と認識されることも少なくありません。

しかし、店舗は東京・銀座、大阪・北浜といずれも一等地にあり、
ほかに地名を冠した店舗も。

国内の主要百貨店や商業施設では、
ずらりと並ぶ和菓子ブランドの中に必ずといっていいほど
源吉兆庵の名前を目にします。

老舗が多い市場でのポジショニングは優位といえず、
さらに和菓子自体の市場が縮小傾向にある環境下で
確実に成長を遂げてきた源吉兆庵。

今回は、海外にも出店し成功しつづける源吉兆庵の戦略をもとに、
「日本発」の活用について考えていきたいと思います。

源 吉兆庵
http://www.kitchoan.co.jp/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
大胆に「攻」と「守」を使い分ける源吉兆庵の海外戦略

[2] 編集後記

--------------------------------------------------------------
[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
大胆に「攻」と「守」を使い分ける源吉兆庵の海外戦略
--------------------------------------------------------------
■ 歴史や伝統の先にある“地域イメージ”を要素に取り入れる

冒頭にも触れたように、何百年も前に創業した老舗だけでも
全国には数え切れないほど存在するのが、和菓子の業界。

そうした環境下で源吉兆庵が勝つためには、
いわゆる“ものづくり”にこだわるだけでは困難といえます。

新しい商品の開発、あるいは洋菓子など異分野への挑戦も
視野に入れ考えなければならない。
しかし、現社長が選んだのは「和菓子で攻めていく」ものでした。

歴史や文化を由来とする和菓子も多い中、
老舗とどう戦っていくのか。
贈答品に注力する、いわゆる大手の路線で勝負するのか。

こうした中、源吉兆庵は「地域名を店名に冠する」という
アイデアとめぐり逢うことに。

成功のカギ、すなわち売れ筋は、その店や商品の歴史ではなく、
“地域イメージ”と結びついているということに気付いたのです。

こうして源吉兆庵では、直営3店以外に
「京都 菓匠清閑院」「奈良 香寿軒」「御菓子処 日本橋屋」など
地域に根差した店をつくりました。

地域の名を冠し、土地の文化や風土をイメージした商品をつくる。
現在は、それぞれのブランドも知られるようになり
他の地域へ進出を遂げる例も出てきました。

こうした源吉兆庵の大胆な行動と戦略は、
海外出店においても、十二分に発揮することになります。


続きはこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/brandingnews/110829

このコラムに類似したコラム

No.167 独自に進化を遂げた世界に誇る日本の「お弁当文化」 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/05/23 19:45)

小さなチェーンこそ目標利益を考えて新店投資をしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/29 06:20)

【最幸ビジネスモデル】種明かし。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/07/29 09:46)

【最強ビジネスモデル】究極のブランディング。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/03/07 12:31)

中小企業様必見 営業もブランディングの一貫です。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/17 09:34)