住宅ローン相談「2011年10月からの住宅ローンの選び方」 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

住宅ローンソムリエ(R) 代表取締役
千葉県
ファイナンシャルプランナー
047-339-7251
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン相談「2011年10月からの住宅ローンの選び方」

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

 フラット35sの1.0%金利優遇の受付けが2011年9月で終了します。

この1.0%優遇の効果はとても大きく、住宅ローンをこれから組もうとする人はまずフラット35sを使えるか否かから検討したのではないでしょうか。


実際の住宅ローン相談でも、『「フラット35s」と「変動金利」のどちらにするか?』で悩んでいる方が多くいらっしゃいました。


でも、2011年10月からはフラット35sの金利優遇は0.3%と縮小します。
正しくは、縮小ではなく元に戻るだけなのですが、消費者心理としては「縮小」ですね。



さて、フラット35sの金利優遇幅が縮小した2011年10月以降の住宅ローンの選び方ですが、私は「10年固定」が主流になると考えています。



2011年10月からのローン選びの主な対象は「変動金利」「10年固定」「フラット35s」となるでしょう。
このときに、「フラット35s」は、団体信用生命保険料が私たちの自己負担です。「変動金利」や「10年固定」を選ぶ方は、金融機関が保険料を支払ってくれます。


この差はとても大きい。


また、最初から繰上げ返済を考えてローンを組もうと検討中の方も多くいらっしゃいます。
「フラット35s」の繰上げ返済は100万円からの受付けなので、とてもハードルが高いのです。


2011年9月までは、各金融機関は「フラット35s」に対抗するためにも「変動金利」の金利引き下げで、住宅ローンの獲得競争を繰り広げてきました。しかし、10月以降はこれまで「フラット35s」を考えていたお客様層にアピールするためにも『「10年固定」の金利引き下げでの競争が始まるのでは?』と思うのです。



2011年10月以降は各金融機関の「10年固定」の金利に注目。



このように考えているのですが、さて、どうなりますか。



『住宅ローンソムリエ®』(有)信共 代表取締役 中村 諭
モーゲージプランナー[SCMP] / ファイナンシャルプランナー[CFP(R)] 
http://www.shinkyo-jp.com/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
住宅ローンソムリエ(R) 代表取締役

住宅ローン・アパートローンの専門家

専門分野【住宅ローン・アパートローン】のFPです。保険営業の付加価値ではなく、住宅ローンのコンサルが本業のため、無料相談は行っておりません。ご了承ください。

047-339-7251
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

住宅ローン相談 「人生100年時代の住宅選び」 中村 諭 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/01 00:00)

展示場に張り付いているFPに気をつけろ! 田端 政弘 - ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー(2013/07/12 16:29)

変動金利が上がったら、固定金利に変えましょうの罠 田端 政弘 - ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー(2013/07/06 12:39)

海老名・本所吾妻橋・川越で住宅相談会等開催します♪ 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/08 17:00)

住宅ローン&アパートローン 相談後の感想 中村 諭 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/14 23:13)