弁護士の平均年収は680万円 - 新規顧客開拓 - 専門家プロファイル

遠藤 啓慈
弁護士マーケティング研究会 代表
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弁護士の平均年収は680万円

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 新規顧客開拓
弁護士マーケティングを考える その他情報

厚生労働省が2010年2月24日に公表した「平成21年賃金構造基本統計調査」によると、弁護士の平均年収は680万円と意外と低いことがわかります。

一昔前は1千万円を軽く超えていましたが、今は厳しい状態です。司法試験の難しさと収入を考えると割の合わない資格といえるかもしれまえん。

弁護士年収の詳細はこちら

このコラムに類似したコラム

成功する人の共通点は、ハングリー精神だけじゃない! 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/02/12 08:55)

弁護士もマーケティングをする時代に 遠藤 啓慈 - マーケティングプランナー(2011/08/11 05:40)

「はあとふる.アート」 in 銀座の第4回説明会を開催します。 重松 まみ - 営業コンサルタント(2010/10/09 18:50)

元気をもらうのも一つですが、稼動年齢は80歳までに。 重松 まみ - 営業コンサルタント(2010/09/28 21:04)