ジョー山中さんの訃報 - ボーカルレッスン - 専門家プロファイル

うえむらかをる
歌手 リズム・ボイストレーナー 音楽講師
東京都
音楽家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ボーカルレッスン

田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)
本山nackeyナオト
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ジョー山中さんの訃報

- good

  1. 趣味・教養
  2. ボーカルレッスン
  3. ボーカルレッスン
ボイストレーニング(ボイトレ)

ジョー山中さんが亡くなり、お別れ会がクロコダイルであるという。

クロコは、先日私がライブをやったばかり。
ライブをやった3日後に訃報が入ったっけ?
今日明日は、お別れ式が教会で行われているはずで
クロコの社長以下スタッフの人たちも、忙しい日々になっていると思う。

ここのところ、著名人の訃報が続くが
原田芳雄さんの時は新聞の扱いが大きかった。
しかし、ジョーさんの時は、お悔やみ蘭の片隅で、小さかった。
俳優さんの方が知名度はあるので、大きく扱われるのかも知れないが
ジョーさんも、日本の音楽界を切り開いてきた人だけに、この扱いの違いは何だろう?と
つくづく思う。

ジャマイカ人とのハーフと言うこともあり、骨格的にも日本人より爆発的な発声(シャウト)ができ
ロックを歌うにはこの爆発力がないと表現できない事を思うと
今時のロックもどきJ-POPアーティストには、足下にも及ばない力の持ち主であったと思う。
女性で言うと、カルメン・マキかな?

音楽って言っても、音楽性だけでは社会への浸透性がないという
昨今の日本の文化。
聞く側は、ただ、流れているものを受け止めるだけなので
制作する側、配信する側がもっと「文化」の視点から、何をすべきかを考える必要があると思う。
「風俗」を「文化」と取り違えてる人が多いから。。。

このコラムに類似したコラム

裏声(ファルセット・ボイス)の鍛え方 うえむらかをる - 音楽家(2011/12/27 20:47)

歌手になるための30ヶ条 田中 真由美 - 英語発音スペシャリスト(2014/11/18 11:50)

トニー・ベネットのドキュメント うえむらかをる - 音楽家(2013/11/11 12:00)

さあ いよいよあと一週間が勝負です! 牧野 俊浩 - 音楽家(2013/09/26 17:25)

アニソンイベント!ジャムプロファンおまたせいたしました! 本山nackeyナオト - 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー(2013/09/01 19:11)