資産運用用語のトリセツ その19 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産運用用語のトリセツ その19

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資運用

日歩と逆日歩



買い方は、取引に必要な資金を借りるため、金利を支払います。

一方、売り方は、証券会社に預託してある株式の売付代金を、空買い注文の融資に充てることができるので、金利を受取れます。

この金利を、「日歩(日歩)」といいます。


売りの注文(貸株数)が買いの注文(融資)を上回ると、株が不足します。

そのため証券会社は、証券金融会社から株を調達します。

さらに証券金融会社内で株が不足した場合、証券金融会社は外部から株を調達します。

このときに発生する株の調達費用(品貸料)を、「逆日歩(ぎゃくひぶ)」といいます。

逆日歩は、品貸料が発生した銘柄の売り方全員が負担します。

一方、品貸料が発生した銘柄の買い方は、証券会社に預託してある自己保有株式を、空売り注文の貸し株に充てることができるので、売り方から逆日歩を受取れます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資運用」のコラム

NISA よくある質問その3(2013/09/06 12:09)

NISA よくある質問その2(2013/09/05 12:09)

投資案件の紹介(ホテル)(2013/04/15 09:04)