ご本人が負担していること - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ご本人が負担していること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、明日からお盆ですね。

我が家は帰省の習慣がなく、毎年お迎えする側です。


昨日からの続き、節税に関するお話。

控除を集めるに当たってですが、大切な考え方があります。

それは


・控除を受ける人が負担していることがある程度真実性があること


曖昧な表現ですが、大切なポイントです。

支出が絡む所得控除に関する条文を読むと

「その人が負担していること」が要件として求められています。

医療費控除を所得が一番高い人に集中して受けたいのであれば、

その人がその医療費を払ったであろうことにある程度の蓋然性が

存在していることが必要なのですね。


社会保険料控除の中には、条文のこの部分が問題となって

家族間で共有できないものが存在したりします。


実務上においてはそれほど問題にならないことも多いのですが…

一応の考え方として押さえた上で、所得控除を集めて使うという

節税策を活用して頂ければ幸いです。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

控除を集める 高橋 昌也 - 税理士(2011/08/11 06:00)

まず保障額の想定について 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/21 07:00)

保険の本分は保障性である 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/09 07:00)

青色事業専従者給与の届出 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/11 07:00)

分散の節税効果はすごい 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/10 07:00)