郵政民営化で、手数料が10倍!? - 企業の契約書・文章作成 - 専門家プロファイル

近藤 総一
雫行政書士法務事務所 
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

郵政民営化で、手数料が10倍!?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業の契約書・文章作成
改正情報
2007年10月1日に日本郵政公社が解散して、
・日本郵政株式会社
・郵便事業株式会社
・郵便局株式会社
・ゆうちょ銀行
・かんぽ生命保険
に、分社化されました。


さて、住民票や戸籍謄本を郵送により請求する場合に、
交付手数料分の「定額小為替」を同封する必要がありますが、
今回、「定額小為替」の送金手数料が、変更になりました。

今までは……「1枚10円」
これからは……「1枚100円」

なんと、10倍になりました!

例えば、「200円分」の「定額小為替」が必要なときは、
今までは……「210円」
これからは……「300円」
となります。

ちょっとした驚きです。