腰が痛くなる座り方、痛くならない座り方。 - 神経痛・腰痛・ヘルニア - 専門家プロファイル

しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
神奈川県
WHO基準カイロプラクター 健康科学博士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年09月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

腰が痛くなる座り方、痛くならない座り方。

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 神経痛・腰痛・ヘルニア
健康せぼね知識

腰の骨(腰椎「ようつい」といいます)は、通常きれいな前湾カーブを描いている。

ところが、床に座ることで、このきれいなカーブが損なわれてしまうのだ。
そうなると腰部への負担が増大し、サブラクセーションが出来てしまいやすい。

じゃあ、もしかして・・・

そう、勘の良い人は気がついたかもしれないが、床に座らなくても、このカーブがなくなる座り方はよくない。
たとえばソファーに浅く腰かけてもたれる姿勢とか、 テーブルに対して高さのあっていない椅子に座るとか・・・

こういった事が腰椎への負担をかけ、怖い「背骨のゆがみ」をつくってしまうのだ。
今日から、座るときはきれいな前湾カーブを意識してみてくださいね.

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長

「腰痛」「肩こり」「姿勢矯正」背骨のゆがみはおまかせ下さい!

約5万人17年間の臨床実績から、腰や肩だけでなく「姿勢」全体を改善することで再発しない身体づくりを重視しています。姿勢矯正エクササイズも好評。企業の健康管理や福利厚生、モデルや芸能人の美姿勢もサポート。小中学校での姿勢教育にも協力しています。

カテゴリ 「健康せぼね知識」のコラム

本当に正しい通院頻度(2017/01/06 21:01)

このコラムに類似したコラム

肉の塊が出た!! 関村 順一 - 鍼灸マッサージ師(2012/09/29 13:26)

胡坐(あぐら)は、腰によくない。 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2012/09/23 15:00)