サービス付高齢者向け住宅プロジェクトについて - 医療経営戦略 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

河野 理彦
(行政書士)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サービス付高齢者向け住宅プロジェクトについて

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営戦略
高齢者専用賃貸住宅など 補助申請に関して

昨年まで「高齢者専用賃貸住宅」と呼んでいた、国レベルのプロジェクトですが、今年の4月からは「サービス付高齢者向け住宅整備事業」という名前に変わりました。

現在、私の事務所でも「サービス付高齢者向け住宅」のプロジェクトが進行中で、先日確認申請関係がほぼ終了しました。

また5月末にようやく国から具体的な募集要項が出てきました。建て主の方一緒に、その概要書を読み込み、最終的には6月下旬に補助申請を出しました。現在、審査中です。

今回の申請書類を作ったことで色々なノウハウが蓄積できたように思いますが、悩ましいことがいくつかあります。そのひとつに国の政策に追従出来ていない地方公共団体の状態。今回の整備事業も、建設予定の地方公共団体と打ち合わせをしてほしい、という話があるのですが、地方公共団体に問い合わせたところ、具体的な方針は今年度いっぱい整備にかかるという返答でした。

今年の補助整備事業で申請をして進めていても、各都道府県の窓口も大あらわでいるのが現状のようです。

ただ、だからと言って審査が進まないという訳ではなく、提出してから2カ月ぐらいを目途に補助が降りるかどうかの返答が返ってくるようです。また進行状況をここでもシェアしようと思います。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「高齢者専用賃貸住宅など」のコラム

このコラムに類似したコラム

レセプトを電子照合し無駄な診療を洗い出す 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/12/30 21:18)

患者満足度を向上させる医院経営実践のポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/12/24 20:03)