課税区分と仕入税額控除の関係 - 消費税 - 専門家プロファイル

NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
東京都
税理士
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

課税区分と仕入税額控除の関係

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
消費税 課税区分の判定

消費税は取引を課税取引(5%)、免税取引(0%)、非課税取引、課税対象外取引の4種類に区分をします。

4種類に区分する理由は、課税売上高、課税売上割合を正しく算定するためです。

課税売上高とは、税抜きの課税売上高(免税事業者の場合は税込)、免税売上高の合計額から売上返品や値引きなどを

差し引いた金額となります。

課税売上高は、納税義務の判定、簡易課税の適用の有無の判定に必要となります。

課税売上割合とは、消費税の課税取引のうちに、課税取引と免税取引が占める割合のことをいいます。

課税売上割合は、消費税の仕入税額控除の計算(仕入や経費に係る消費税の控除額の計算)をする際に必要となります。

課税売上高とは

課税売上高の計算式は、(1)+(2)です。ただし、売上から、返品、値引きなどは除きます。

(1)税抜きの課税売上高

免税事業者については、消費税がその売上に含まれていないことになるため、消費税込みの金額が課税売上高となります。

(2)輸出免税の売上高

消費税が0%課税となる免税売上高の合計額

課税売上割合とは

課税売上割合の計算式は、(1)÷(2)です。

(1)課税売上高(税抜)+免税売上高

(2)課税売上高(税抜)+免税売上高+非課税売上高

中野区の税理士 佐藤税理士事務所

中野区新井1-12-14 秀光建設本社ビル5階

TEL 03-5942-8818

続けているといいことあるかも!
ステップアップ決算代行

佐藤税理士事務所公式メールマガジン

失敗は1度だけ!小さな会社の成長経営の法則

http://www.mag2.com/m/0001001824.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「消費税」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

その他サービス 経理はもっと合理化できる!経理合理化コンサルティング

経理にあまり時間がかけられない人に贈る、プロの経理の仕方を教えます。

料金
30,000円

経理作業は利益をうみませんが会社にとってとても重要な役割を果たしています。経理の重要さはわかっているが、あまり時間の取れない方向けにプロが行っている経理の合理化手法をお伝えします。

経理はもっと合理化できる!経理合理化コンサルティング

このコラムに類似したコラム

事業年度と消費税 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/23 01:00)

固定資産税専門の税理士 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/21 01:00)

納税義務判定はもうひとつできた 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/22 01:00)

消費税の納税義務の免除について 佐藤 昭一 - 税理士(2011/06/21 18:00)