恋愛初期にこそ、心のウミ出しを 1 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

恋愛初期にこそ、心のウミ出しを 1

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

私のところには色々な悩みで相談に来る方がいらっしゃいますが、心の問題をずっと放置して、感情が固く固まってしまってから相談にいらっしゃる方や、恋愛が問題だらけになって、もう別れるしかないかも、という段階になってから相談にいらっしゃる方を見ると、

「もっと早い段階で相談に来ればよかったのに」

そう思うこともしばしばです。

最近思うのですが、恋愛の初期には心のエネルギーがすごくたくさんあり、少しぐらいの過去のトラウマがあっても癒すパワーがあるのです。その時期に、心理セラピーを受けたらすごい効果が出るのになぁ、といつも思います。
恋愛初期には、すごくときめきがあり、期待があり、世界が一気に明るくなるような感覚があります。ところが少し経つと相手の嫌な面が見えてきたり、自分 のダメなところが意識させられたりしてものすごくイライラしたり、不快な気持ちになったりします。あるいは、「どうして私の寂しさを分かってくれない の!」みたいに、相手にそんな義務はないのに、勝手に期待する気持ちが湧き上がってきます。

実は、相手に期待する気持ちが強いのは、依存なのです。十分に心が自立していないということなのです(あなたが悪いという意味ではありません)。そこに気づいてください。
大人同士の関係では、自分の幸せや自分の欲求を満たすのは、自分の責任です。相手に押しつけるのは自分勝手な行動なのです。相手に頼んではいけないという意味ではありません。相手にお願いし、やってくれたら感謝する、やってくれなくても、相手には断る権利があるわけだからふて腐れたりしない。これが大人としての頼み方なのです。
それがうまくできないのは、心の中に「満たされなかった想い」があるからです。多くの場合、親からもらえなかった愛情を恋人に押しつけるようです。

・お父さんがいつも仕事で忙しく、「寂しい。一緒にいてほしい。」が言えなかった。
・お母さんが教育ママで厳しく、「優しく受け入れてほしい。」が言えなかった。
・お母さんが身を粉にして働いていて、「楽しいことしよう」が言えなかった。
・お父さんが苦行のように仕事をしていて、「楽しいことしよう」が言えなかった。
(親をイメージして、「言いたかったけど言えなかったこと」を思い出してみましょう)

恋愛初期にこそ、心のウミ出しを 2」へ続きます。


「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

本気?遊びの恋? 遊び人を好きになってしまう女性の深層心理2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/11/11 21:00)

「与えることは受け取ること」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/12/09 13:00)

「パートナーシップは自分の最高と最悪に気づかせてくれる」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/05/16 10:02)

恋愛心理学:男と女の違い~女と男の心理はどこに違いがあるか?1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/21 21:00)

恋愛体質の光と影~自由な感情と、依存症の違い 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/19 14:00)