子供はどんな住環境で育てられたいのか - 住宅購入か住宅賃貸か - 専門家プロファイル

小川 勇人
小川の家 代表取締役
長崎県
建築プロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供はどんな住環境で育てられたいのか

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅購入か住宅賃貸か

彼と出会ったのは、昨夏。

1歳半ぐらいだったかな。男3人兄弟の三番目。

去年の夏とはまったくちがう住環境で育ててもらっている。

恩返し、親孝行というわけではないだろうが、

彼はしっかり自ら育っていっている。



親は、子供に○○して欲しいと要望や期待は無限にある。

○○とは、思いやり、立派、自立、語学、コミュニケーションetc


一方、子供は、親からどう育てて欲しいと思っているのだろうか。


つまり、子供から親が期待されていることは何か。

自問すべきは、親として、自分の子供からの期待、求め、叫びに応えているのかどうか。


「おもちゃ」や「おやつ」が「DS」が欲しい、

「ディズニーランド」へ連れて行ってとか

そういう次元のことではない。


子育て優先とは、子供、子育てに直結する物事について、

育てられる子供の立場で考え、優先順位をつけること。

「子育て優先」を順守しようとすると、

親にとって目先の都合が悪い事の方が多い。


今日一日、どこで育てられたのか。

放射線被害が深刻化しているがその問題とは

いますぐどうこうではなく、長期的なこと。

取り返しのつかない事態のこと。


シックハウス、籠の中で育てられても、

子供がいきなりどうこうなることはない。

※アトピーぜんそく、吐き気や体調不良など

シックハウス症候群でも、抑圧の中で暮らしていても

生死に直結する問題ではない。


しかし、毎日、かけがえのない幼少期に与えられた住環境は、

食べ物と同様、人格形成に蓄積され、まさに人生となる。


子育ての住環境の問題とは、生死の問題ではなく、

その子の、その家族の人生、暮らしの質の問題です。


小川の家は、豊かな心で健康な暮らしを実現します。

---------------------------------------------

家づくり診断はこちら info@ogawanoie.jp

このコラムに類似したコラム

大切な子供、子供は大切。 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/07/31 08:00)

日常にウンザリしている主婦へ 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/07/01 16:46)

ペットとして、家族として、子孫として 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/06/23 10:09)

幼少期は、取り戻せるのか。 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/06/02 10:22)

ご利用は計画的に・・・ 佐藤 陽 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/21 11:45)